県公社住宅を活用した高齢者住宅「ゆいま~る大曾根」

 6月に名古屋市大曽根で(株)コミュニティネットが、県公社住宅の空き室を活用したサービス付き高齢者向け住宅「ゆいま~る大曾根」の募集を開始し、新聞やテレビ等でも取り上げられた。(株)コミュニティネットのホームページにはその後の状況が掲載されているが、6月の時点で入居予約が55%。7月には「入居予約者のプロフィール」などの記事も掲載されている。こうした記事が掲載されるということは、まだ満室というわけではないということかと思うが、好調な出足と言って差し支えないであろう。
 しばらく前の話で申し訳ないが、5月30日に愛知県住宅供給公社の方から、公社住宅の空き室をサ高住とするに至った経緯などを聞かせていただく機会があった。そのことを簡単に報告しておく。
 全国的に公社住宅は空き室が多いと言われるが、愛知県公社においても昭和40年代、50年代に建設された住宅を中心に空き室が多くなっている。大曾根住宅は昭和50年・51年に管理開始された11階建て4棟480戸の住宅で、住戸面積が50㎡弱という狭さや地下鉄駅から徒歩15分という立地も影響してか、近年、特に空き家が増加している。
 こうした中で、1階が店舗スペースとなっている併存住宅2棟について、サービス付き高齢者住宅として利用する貸与住宅40戸(追加可能戸数30戸)、高齢者生活支援施設として活用する賃貸施設約50㎡(1戸分)及び大型店舗スペース約982㎡、さらに任意で貸与可能な小型店舗スペース2区画(各88.8㎡)を条件に、昨年6月から事業者の募集を行った。その結果、(株)コミュニティネットが事業者として選定された。
 サ高住及び関連施設に係る工事については、(株)コミュニティネットが補助制度を活用して実施し、県公社は共用部分のバリアフリー改修などを実施する。残りの一般住宅は現在も家賃53,200円~56,200円(共益費とも)で賃貸しているが、サ高住住戸については一括して事業者に約65%の家賃で賃貸。また店舗等のスペースも相応の賃料で賃貸する。事業者はこれを受けて、3タイプにリニューアルし、家賃65,000円~74,100円、生活サポート費37,800円~45,360円(二人)、共益費5,000円で高齢者に貸し出していく。
 上述したように、既に多くの入居予約者がいるということで、まずは順調なスタートということか。9月の入居開始が楽しみだ。さらに県公社では、新婚向け・子育て世帯向けのリノベーション住宅の募集も行っている。こちらも好評のようだ。サ高住の導入が大曾根住宅、さらには公社全体の活性化につながることを期待したい。