縮減時代の新たな地域マネジメント 「直観に従う勇気」を持つこと

 内田樹の講演を聞いてきた。神戸女学院大学名誉教授にして思想家。内田氏の本はこれまで、「現代思想のパフォーマンス」や「ためらいの倫理学」などの初期の頃から読んできた。最近は少し食傷気味な感もあるが、やはり来名するからには行かずばなるまい。友人の友人が親戚で、友人が別の友人につないで実現された、愛知大学三遠南信地域連携研究センター主催の「第1回アシタシアサロン」。Zoomでも配信されたが、私は幸運にも、愛知大学のグローバルコンベンションホールで、生の内田樹を拝見することができた。
 タイトルは「縮減時代の新たな地域マネジメント」。冒頭で、「越境地域マネジメント研究」に取り組む愛知大学三遠南信地域連携研究センターに対して、「今時、越境というのは流行らない」と軽くジャブを入れた後、「学際研究や深掘りといった言葉はもはや使われなくなった」と、最近の日本の政治状況やトランプ対バイデンの討論会などを例に挙げて、世界的な幼児化、文明の没落傾向を嘆いた。
 大阪府大阪市を統合する大阪都構想参議院不要論などの最近の風潮に対しても、「異なる意見を尊重し調整すること」について、多くの人が非効率だと言い、「多様性を維持し尊重すること」に意義を感じなくなっている。その理由は「日本が貧乏になった」から。1989年には世界の16%を占めた日本のGDPも今や6%にまで凋落した。経済が拡大しないものだから、自然、個々人のパイの奪い合いになる。すると、パイの分配が主要な関心事となり、査定が幅を利かせるようになった。
 「パイが大きくならないのであれば、餅を食べたらどうか」と発想を変えるのが、イノベーションだが、今の日本ではそうした風潮は起きない。加えて、人口減である。現在、1億2500万人程度の日本の人口だが、既に減少に転じて久しく、2060年には半減、2100年には現在の1/3になる(と、手帳を見ながら話されたが、国立社会保障・人口問題研究所の平成29年推計によると、出生低位・死亡高位の条件で、2060年に8600万人、2100年には4800万人となっているから、多少話を盛ったかもしれない)。こうした状況に対して、政府は少子化対策などを言うばかりで、人口が減少した時にどういう国づくりをしていくのか、その方針をまともに述べてはいない。述べてはいないけれど、「首都一極集中」そして「地方切り捨て棄民政策」という方針であることは明らかである。
 しかし実は、人口5000万人だった明治末にも日本全国に人は住んでいた。「それを目指すべきだ」というのが内田氏の主張だ。「地方離反シナリオ」と呼ぶ。経済思想家の斎藤幸平氏は「人新正の『資本論』」で「現在の状況を打破するには、経済成長を止めるしかない」と言っている(さっそく読まなくては!)。また、神戸大教授の医師、岩田健太郎との対談の中で、「新型コロナは都市の脆弱性を明らかにした」と語っている(岩田健太郎との共著「コロナと生きる」も読まなくては!)。すなわち、在庫を持たず、必要な時に必要なモノを取り寄せるという「ジャスト・イン・システム」の不都合さが浮き彫りになった。アメリカではさっそく「国内生産を強化しよう」という動きも見られるが、その時に重要なのが「ニッチをずらす」という考え方である。
 ところで、人口減少が始まると、既に農村部では獣が人間の居住地に侵入して、様々なトラブルを引き起こしているが、自然の繁殖力というのはバカにならない。一方で、自然と居住地とのフロントラインに人間を置くことで、自然の繁殖はかなり抑えられる現実もある。経済学者の小沢氏(調べたが、誰か不明?)は、「農村に人口の1/4を置け」と主張したが、地方部の文化的な魅力等を発信するなどして、「地方離反シナリオ」をもっと強力に推し進める以外に日本の人口減に対応する方法はない。2040年には中国でも人口減が始まる。人口減対策について「今こそ衆知を集めるべき時だ」と訴え、講演は終わった。
 その後の質疑応答では、「地方離反シナリオ」のための具体的な方策や「直観の重要性」などについて質問があった。後者の質問に対して、スティーブン・ジョブズの言葉を引き、直観はみんな持っている。大事なのは「心と直観に従う勇気を持つこと」と答えていた。この言葉がもっとも心に残ったかもしれない。内田樹の言葉ではなく、スティーブン・ジョブズの言葉で恐縮だが。
 肉眼で見、肉声を聞いた内田氏は、予想以上に「普通」でマイルドだった。声も優しい。そして、多くの書物を読み、そこから自分で考えているということがわかる。「縮減時代の新たな地域マネジメント」についても、具体的な方策は直面するそれぞれが考え、行動していくべきだろう。「私に何ができるのか」と自問し、自答することは難しいが、久しぶりの講演に新鮮な気分を感じた。「直観に従う勇気」。そのために、まずは自分を信じること。そして、結果を受け入れること。そんな「勇気」を持つことが重要だと得心した。

名古屋栄に「ヒサヤオオドオリパーク」がオープン

 しばらく工事が進められてきた名古屋栄地区の久屋大通公園が先月18日、リニューアル・オープンした。たまたま当日、名古屋へ行く機会があったので、ついでに寄ってきた。時間はちょうどお昼時。だが、天候はあいにくの小雨模様。それでも久しぶりにオープンした公園には多くの人が集まっていた。
 地下鉄「栄」駅で降りると、地上に出て、まず南方向に歩いて行った。栄の中心的なビルの一つであった中日ビルは解体工事が進み、跡形もなくなっている。それを横目に、久屋大通を南に向かう。今回オープンしたのは、外堀通から錦通までの「北エリア・テレビ塔エリア」で、それより南の若宮大通までの「南エリア」は、これから整備が進められる。だが、以前、市バスのバスターミナルがあった区域については、「栄バスターミナル(噴水南のりば)跡地暫定活用事業として、2023年春までと期間を区切って再整備が実施され、中日新聞社を代表とする事業グループにより、今年3月に「ミツコシマエヒロバス」がオープンしている。

f:id:Toshi-shi:20200918123231j:plain
解体された中日ビル

 広小路通に面してイベント広場があり、一周70mの小さなトラックと人工芝を介して、南に、屋上バーベキューのある平屋の商業施設が建つ。小雨であまり人出は多くなかったが、パラソルの下のベンチで食事をするグループもあり、これまでよりも広々とした感じがして気持ちいい。ただ、「ミツコシマエヒロバス」という名称は、久屋大通西側に隣接する三越百貨店の前ということを知っている人にはいいが、あまりにカタカナが長く連なると、どこが切れ目か、わからなくなる。「ミツコ・シマ・エヒロ・バス」ってどういう意味。

f:id:Toshi-shi:20200918123321j:plain
ミツコシマエヒロバス

 南へ歩くと、途端に人通りもなく、寂しくなる。かつて森永製菓がスポンサーとなり「エンゼル球場」があったことから、「エンゼルパーク」と名付けられているが、中でも北側の区域は「愛の広場」と呼ばれる。「慈(いつくしみ)」というタイトルが付いたベンチで和む親子や鳩と戯れる子供らが楽しそうな「愛・5人家族」など、多くの銅像が展示され、また、間歇的に噴き上げる噴水広場もあるが、今は歩く人もなく、ひっそりと次の整備を待っている。これらの銅像はどうなるのだろうか。

f:id:Toshi-shi:20200918123816j:plain
ベンチに座る「慈」
f:id:Toshi-shi:20200918123829j:plain
「愛・5人家族」

 そのまま南に歩いても寂しくなるばかりなので、「愛の広場」の南端辺りで引き返した。「ミツコシマエヒロバス」の広小路通を挟んで北側、錦通との間の空間が「希望の広場」。ここにある「希望の泉」は変わらず、元気に水を噴き上げている。噴水越しに見るテレビ塔の姿もこれまでと変わらない。錦通久屋の交差点から東を見ると、「オアシス21」、そして「愛知県芸術文化センター」と「NHK名古屋放送センタービル」が並ぶ。また、錦通の中央分離帯には野々村一男作の「双身像」が建っている。

f:id:Toshi-shi:20200918123309j:plain
希望の泉
f:id:Toshi-shi:20200918124328j:plain
愛知県芸術文化センター」と「NHK名古屋放送センタービル」

 横断歩道を渡ると、いよいよ、「ヒサヤオオドオリパーク」の一角に足を踏み入れる。だが、公園の両サイドに並ぶ店舗に視界を遮られて、まだテレビ塔を見ることができない。これまでも大きな木々に遮られていたかもしれないが、建物の陰というのは少しいただけない。正面に回り込むとようやく、テレビ塔が全貌を見せてくれた。かつてはレンガ敷きの広場だったが、今度は芝生広場。そしてサンクンガーデン(旧「もちのき広場」)を挟んでテレビ塔が聳える。左右にはびっしり店舗が並ぶ。

f:id:Toshi-shi:20200918124430j:plain
錦通から見るテレビ塔

 「ヒサヤオオドオリパーク」は正式には「レイヤード ヒサヤオオドオリパーク」、若しくは「RAYARD Hisaya-odori Park」と言う。2017年の都市公園法の改正により創設された公募設置管理制度(Park-PFI)に基づき、名古屋市が公園の整備及び運営管理を行う事業者を公募し、三井不動産(株)を代表とする事業者を選定し、整備したもので、「RAYARD(レイヤード)」は三井不動産が用いる公園一体型商業施設のブランド名だ。それにしても、こちらも全部カタカナで表記するのは煩わしい。せめて「レイヤード 久屋大通パーク」が一般的にならないものか。
 サンクンガーデン(単に「地下広場」と呼ぶらしい)には大型ビジョンが設置され、広場手前の手すりにもたれてテレビ塔を眺めるのも面白い。サンクンガーデンを回り込むと、テレビ塔に向けて、水盤が延びる。水盤の両側は芝生。そして歩道を挟んで、店舗が並ぶ。水盤に映るテレビ塔は夜間にはもっときれいになるようだ。ただし、両側の店舗は、水色に塗られた「Café de paris」や縦縞模様の「ダンデライオン・チョコレート」など、外観もバラバラで、猥雑な感じがする。

f:id:Toshi-shi:20200918124535j:plain
地下広場とテレビ塔
f:id:Toshi-shi:20200918124636j:plain
水盤とテレビ塔

 そのままテレビ塔下まで歩く。テレビ塔は免震工事をするとともに、エレベーター棟を増設。内部も改修され、ホテルやレストランなどが入る。だが、テレビ塔の左右(東西)には、足元まで店舗が迫り、窮屈になった印象。テレビ塔や店舗に用がないと、スタスタと通り過ぎてしまう。テレビ塔は近くで立ち止まって上を眺めるのではなく、遠く離れて見なさい、という感じ。少し気ぜわしい。

f:id:Toshi-shi:20200918125224j:plain
テレビ塔の足元

 それでもテレビ塔の北側、桜通の南側は芝生広場が広がっており、少しホッとする。振り返ると、窮屈そうにテレビ塔が聳えている。それにしても、各店舗の外観がバラバラなのは、あえて意図したものだろうか。桜通の東側にかかる歩道橋を渡って、一番北のエリアへ。ちなみにこの歩道橋、「レインボーブリッジ」と言う。トヨタ自動車に勤務していた友人から後日、「レインボーブリッジは、久屋大通公園内にロサンゼルス広場が整備された際に、トヨタ自動車が寄付をして設置された」という話を聞いたが、ロサンゼルス広場が整備されたのは、お互いまだ就職前の1978年。彼はたぶん就職直後に、先輩からその話をよく聞かされたのだろう。

f:id:Toshi-shi:20200918125355j:plain
レインボーブリッジからテレビ塔を振り返る

 歩道橋を渡ると、「ZONE 2」と呼ぶエリア。テレビ塔周辺やその南側ほどではないが、店舗がパラパラと距離を取って、立ち並んでいる。周りの機微の間から、古い町家が見える。今までもそうだが、公園は、周囲の街並みとは全く無関係に整備された。足早に過ぎ去ると、魚ノ棚通から北の「ZONE 1」には気持ちよく芝生広場が広がっている。中央に、丸みを帯びた2体の像が並ぶ形のモニュメントがあり、左右に一棟ずつの店舗が立地する。東側の「FabCafe Nagoya」は大垣共立銀行が協働で出店参加をしている。と、直前にお会いした銀行員の方が言っていた。

f:id:Toshi-shi:20200918125553j:plain
「ZONE 2」
f:id:Toshi-shi:20200918125803j:plain
木々の間から町家
f:id:Toshi-shi:20200918125917j:plain
「ZONE 1」

 そして最後の通りを渡ると、あとは外堀通を走る名古屋高速道路まで何もない。いや、その手前にアイストップとして、「天狼院書店」。カフェが併設され、居心地も良さそうだ。この立地でどこまでがんばれるかは定かではないが。そして振り返る。広がる芝生の先にテレビ塔。この景観はすごい。以前の公園は両側に高木が聳え、薄暗い雰囲気だったが、一変した。かつての林がなくなってしまったのは残念という意見も聞くが、左右には適度に高い木々が残っており、しょうがないんじゃないかな。

f:id:Toshi-shi:20200918130126j:plain
芝生広場と名高速
f:id:Toshi-shi:20200918130345j:plain
芝生広場とテレビ塔

 それよりも、公園の左右、車道と歩道、そしてビルなどが立ち並ぶ街区への配慮、というか、意識が全くないことの方が問題。帰りは公園東側の歩道を歩いた。これまでも「ZONE 2」の辺りは、公園地下のセントラルパーク駐車場への入口もあることから、左右の歩道空間と公園との縁は切れていたが、それでも前は木々があった。しかし公園整備後は、店舗の背面が丸見えになっている。景観への配慮は全くない。ところどころ店舗の切れ目から公園内が見えるだけ。

f:id:Toshi-shi:20200918130757j:plain
東側歩道から見る店舗背面
f:id:Toshi-shi:20200918130940j:plain
東側歩道から見る公園

 そして、周囲との連続性のなさが特に際立つのが、「オアシス21」との関係。テレビ塔を過ぎて、左手に「オアシス21」、その向こうにはNHK名古屋放送センタービルが見える交差点があるが、公園側の外観は実に味気ない。「オアシス21」の最上階「水の宇宙船」に広がる水面には、テレビ塔に向けて、色とりどりのカーネーションの花を集めた架け橋「Flower Ship(フラワーシップ)」が作られていたが、オアシス側のお祝いに対して、テレビ塔側はあまりに冷淡。「オアシス21」は、芝生もきれいな気持ちのいい空間なだけに、商業施設で賑わう「ヒサヤオオドオリパーク」を訪れた人にとっても、憩いとなる空間のはずだ。同じ名古屋市が所有する公園のはず。もう少し連携があってもよかったのではないか。

f:id:Toshi-shi:20200918131403j:plain
オアシス21北西の交差点
f:id:Toshi-shi:20200918133208j:plain
オアシス21愛知芸術文化センター
f:id:Toshi-shi:20200918132117j:plain
愛知芸術文化センター前の広場
f:id:Toshi-shi:20200918132052j:plain
オアシス21」の「花の架け橋(Flower Ship)」

 「オアシス21」からエレベーターで地下まで降り、地下街のセントラルパークに行くと、多くの店舗にシャッターが降ろされていた。11月6日にリニューアル・オープンの予定だが、スーパーマーケットを核とした食物販ゾーンが新設される計画となっている。今は多くの集客を集める「ヒサヤオオドオリパーク」だが、名古屋人は手強い。名古屋初出店の店舗も多いが、いつまでこの賑わいが続くだろうか。周辺の業務施設や文化施設、商業施設などとの関係性を断ち切って、地下鉄駅利用者だけをターゲットにするのでは、意外に厳しいかもしれない。
 おしゃれなテナントか、都心のスーパーマーケットか。地上か、地下か。久屋大通の上下で異なった戦略の商業施設がオープンする。どんな結果になるか。これは見ものだ。

伊東豊雄 美しい建築に人は集まる

 平凡社「のこす言葉 KOKORO BOOKLET」シリーズの1冊。先に詠んだ「藤森輝信 建築が人にはたらきかけること」に続いて、今度は伊東豊雄が語る。
 伊東豊雄は外観的にはすごく若く見えるが、来年には80歳になる。藤森輝信よりも5歳。隈研吾と比べれば、一回り以上も上だ。だが、語る内容は、はるかに若々しいし、よく考えているし、地域や住民に近いところにいる。そして、まだ結論に達していない。未だに考え続けている。それがまた人を惹き付けるのだろう。実に魅力的だ。
 伊東豊雄の作品は「シルバーハット」の頃から知ってはいるが、本書を読むと、時代と共に、大きく変化を続けていることがわかる。「八代市立博物館」や「下諏訪町諏訪湖博物館」は実際に見学にも行ったが、それらから「せんだいメディアテーク」まで、わずか10年余りしか経っていないことに驚く。「せんだいメディアテーク」伊東豊雄は大きく変化したと感じた。各務原市「瞑想の森 市営斎場」も面白く見たが、それは「せんだいメディアテーク」よりも6年も後の作品だった。そして、仙台市宮城野区福田町南仮設住宅に建設された「みんなの家」。あれは確かに普通だった。伊東氏にとって、そこで学んだことも大きかったようだ。さらに4年後には「みんなの森 ぎふメディアコスモス」。これはまだ見ていない。いい加減、見に行かなくては。
 私が見た限りでも、伊東豊雄の作品はいずれも素晴らしいが、本書で「美しい建築をつくりたい」と語る。コンセプトで建築をつくるのではなく、「美しさ」。そして、人と自然との関係の中から建築をつくっていく。人と自然と建築の関係を再編したい、と語る。まさに80歳にして、なお。
 一方で、新国立競技場のコンペに対して批判的に語る個所もある。国交省からの内閣総理大臣補佐官と言えば、菅総理が信を寄せる和泉氏のことに違いない。そして「あまりにも政治色の強いレースだった」と批判するが、だからこそ、伊東氏には落選してもらって良かったと思いたい。もちろん伊東作品が新国立競技場として完成しておれば、隈作品よりもはるかに「美しかった」とは思うが、あんな政治まみれの場所で汚される伊東作品は見たくない。瀬戸内海の自然の中でこそ、伊東作品はふさわしい。大三島の「今治市伊東豊雄建築ミュージアム」他の建物も見に行かなくては。
 昨年、脳幹梗塞で倒れたということも知らなかった。伊東氏にはまだまだいつまでも活躍してほしい。そう、安倍元総理が目指したのとは異なる、伊東氏の建築にふさわしい真の意味での「美しい日本」が実現する日まで。

○日本語で思考してきたことと、身体性は深く関係していると感じます。…それは日本語の持つ曖昧さによるところが大きい。…近代化された社会の中で、ヨーロッパの近代とは違う、日本人の身体性を探っていきたい。/それが、これからの時代の、世界に通じる建築思想になると思っています。(P31)
○菊竹事務所での教訓は、頭で考えたことなんて三日で変わってしまう、でも腹の底からこれがいいと思ったことは少なくとも一、二年は変わらない。…ものをつくること、建築をつくるとは、こういうことなんだと初めてわかったような気がしました。頭じゃなくて、身体で考える。(P50)
国交省からの内閣総理大臣補佐官がすべてを仕切っていて、すべては彼のストーリーどおりに進んでいく…完成されたスタジアムの凡庸さを見ると悔しさが蘇ってきます。あまりにも政治色の濃いレースだったと、いまでも思います。…公共建築の問題は、それを利用する人と、それを設計する人の間に…官僚組織が存在していて、その官僚組織が衰退していることにあると思います。(P71)
○いま、どういう建築をつくりたいか。/ひとことで言えといわれれば、美しい建築をつくりたい。それにつきます。いつからか…人は…コンセプトという言葉で、建築を語るようになった。それは、都市の理屈で建築を考えているからではないかと思います。…東日本大震災のとき、都市ではないところに住んでいる人たちと出会って、都市ではない町の可能性から建築を考えるようになりました。(P75)
○これからの建築は、人と自然と建築との関係を、もう一回どう組み直すか。再編するか。そこにかかっていると思っています。…近代主義の時代を超えた先に、自然との関係を回復した建築はどのように可能だろうかと考えたときに、僕は「内なる自然」ということをテーマにしています。…つまり、どこにでもある自然と違って、人の手を加えてつくられたもうひとつの自然ならば、現代のわれわれも考えられるんじゃないか。…多くの人が共感してくれるような空間をつくることができると思うのです。(P92)