これからの住まい☆

 「おわりに」を読むと、筆者の川崎氏は本書を「人口減少時代の住宅政策」の続編として構想したと書かれている。前著は、ここまでの住宅政策の流れを総括し、テーマごとに課題が整理され執筆されていたように覚えている。前著はテーマごとに複数の専門家が分担して執筆していたが、本書は川崎氏が一人で執筆している。それゆえ話題が分散せず、副題である「ハウジング・スモールネス」に焦点を当てて、今後の住宅政策の方向が示されている。
 序章や戦後住宅史を振り返る第1章の後、「『官』から『民』へ」「『つくる』から『つかう』へ」「『所有』から『利用』へ」「『住まい』から『暮らし』へ」「『在宅』から『地域』へ」という五つの方向の下、近年の住宅政策の方向である「市場重視政策」「ストック重視政策」「賃貸住宅政策」「セーフティネット政策」「居住福祉政策」について、これまでの経緯や評価と今後の展望が語られ、そして終章で「ハウジング・スモールネス」について提言する。
 川崎氏は市浦ハウジング&プランニングで長く住宅政策に携わり、国の住宅政策の方向付けに大きな役割を担ってきた。そのせいか、文章はどこか役人的で、抽象的かつ難解な印象を免れない。また、ストック重視や地域密着といった方向に異論はないが、それを市場の中で達成しようという方向性は、理念的すぎ、特殊解としては実現可能かもしれないが、一般解としては理想的すぎるように感じる。
 前著でも行政の役割が「プロバイダー(直接供給者)からコーディネーター(調整者)、イネイブラー(条件整備者)に移行していく」と記述されているが、「ハウジング・スモールネス」を実現させるためには、行政の役割は、特に地域が小さくなればなるほど、大きいのではないか。少なくとも大半の地域では、行政がかなり積極的に主導しない限りは、「ハウジング・スモールネス」の実現を地域や住民に放り投げてもますます停滞するだけだろう。方向性は正しい。ただし、地域の住民や組織、企業に期待しすぎ。地方行政の役割と重要性をもっと評価し、予算と実施すべき事業を明確に示すべきではないか。これでは国の責任を地方に放り投げるだけに終わるのではないかと危惧する。

○元来、住宅産業は地域に密着し、「つくる・つかう・そだてる・なおす・かえる・こわすビジネス」を総合的に行う業です。「民」の活用は市場化による効率性・合理性の確保に止まらず、地域の市場状況を活かしたきめ細かな、かつ多様な対応を期待するものです。したがって…地域地域の政策ニーズに応えるための居住者主体の組織や、地域の住生活やその活力の担い手との協働が重要になり、求められるサービスの内容に応じて様々な性格の事業者がこれを担う必要があります。(P65)
○「つくること」と「つくらないこと」、「変えること」「なおすこと」、また「こあわすこと」「のこすこと」も…土地や空間を有効に活かす「行為」です。したがって、建築物を解消したり、除却する場合も、その後も継続する土地・空間の活かし方に焦点を当て、その活かし方も併せて検討すべきだと思います。…今後は「つかう」「こわす」ことへ制度やシステムの移行を確実に進めつつ、こうした居住の価値や居住システムの大きなパラダイムの転換が一層重要となるように思います。(P108)
○サブリース事業の一つの意味は、住宅管理の専門業であるサブリーサーによる賃貸住宅や空き家・老朽ストックの長期運営・活用の促進です。このことによって、新築に比して家賃の安い住宅の供給が期待されます。そうすれば、賃貸住宅はより長期の経営資産となり、長期の事業融資の可能性も高まり、合わせて利用価値も持続されるでしょう。…地域の賃貸住宅市場の健全な発展と地域全体で賃貸市場を支える仕組みによって、豊かに居住循環できる地域社会を創ることになるのです。(P137)
○平成期以降の大きな五つの流れに共通する方向は、ハウジングは地域ごとにきめ細やかに展開するスモールビジネス化を指向するべきであることが見えてきます。また、これらの流れと同時に実現していくには、「地域密着型」の政策理念が必須であると読み取ることもできます。/ここではこうした地域ごとに展開する居住関連産業の包括的概念を「ハウジング・スモールネス」と表現したいと思います。「ハウジング・スモールネス」は、現在進みつつある居住関連業界の方向を示すものであり、新しい未来像に向けた地域社会やまち及びこれに連なる居住関連ビジネスの兆候のひとつでもあります。その意味とこれを育てていくことの重要さを強調したいものです。(P198)
○今後の地域社会や地域構造においては、成熟社会にふさわしい社会経済活動や社会投資が各地域内で循環され、こうした便益を住民が実感しつつ、種々の活動や生活行動を進めていくような地域住民が主体となった地域社会の構築や再生が期待されます。そのためには、行政の仕組みや大成を効率化する一方で、より身近な地域に密着した地域運営の仕組みを整えていくことが必要になります。(P213)

またいつか歩きたい町

 森まゆみさんには、30年以上前に、福井県越前大野で会ったことがある。確かHOPE計画の全国会議だったと思うが、前日に雪の中を「小清水」まで見学に行ったところ、同年代の女性が来ていて挨拶をした。その後の講演会で、あれは森まゆみだったと知った。20年以上前、谷中学校の関係者と知り合いになった時に、「谷根千」の雑誌を始めて手に取った。森まゆみも創刊者の一人だ。その後も、森まゆみの名前を見るたびに、なるべく本を読もうとするが、評伝など難しいものも多く、なかなか終わりまで読み終えることができない。でも写真の豊富な本書はぼちぼちと読み進めることができた。
 「私の町並み紀行」という副題だが、美しい町並みを紹介する本ではない。美しい町並みを愛し、守り、育ててきた人たちを紹介する本だ。町並みは人が住んでいてこそ美しい。そのことを森まゆみはよく知っている。私が訪ねたことのある町もあれば、行ったことのない町もある。いや、知らない町の方が多い。行ったことのある町でも、筆者のような交流は経験していない。雑誌掲載のための取材という側面もあるからだろうが、町並み保存のキーパーソンと話ができるのは羨ましい。もっとも私が彼らに話しかけても迷惑なだけなので、私はただ彼らが育てた町並みを旅人として味わうだけ。
 いや、家庭の事情もあり、当分は町歩きもできそうにない。こうして全国のさまざまな町並みと営みを知られるだけでうれしく、たのしく思う。また、こんな旅がしてみたいものだ。

○路地連新潟を作ったのだけど、「路地なんて貧乏くさい」という人もいた。どうして自分の町に誇りが持てないのか不思議でした。/研究者を中心に、一級品の建築を残して文化財にするのはいい。…でもそれだけでは足りない。普通の人が自分の町をいいと思わなければ町並み保存は根付かない。まずは町を歩こうと。…あくまで住民主体、そうしたら行政の方から『僕たちも乗りますよ、応援しますよ』と言ってくれた。(P032)
○私には油やがある。…1回来ただけではわからない。2度目に来ると前のことを思い出して懐かしい。追分にいると、立原とゆかりのある、私の出会った人のあれこれを思い出す。…思い起こすぼんやりした時間がこよなく大事に思える。立原の詩を読めば、信濃追分の景色が見えてくる。/それには夏の終わりか秋が良い。(P053)
○塩屋中の物件をよく知っているアリさんは、どこかが空けば住みたい人に紹介しているらしい。「まちづくり、って言葉嫌いなんです。ありのままの塩屋、手を入れなくてもいい、リノベしないでいい、そのままで、前からあるものを大事にしたい」というのも我が意を得たり。(P059)

建築から世界史を読む方法☆

 筆者は歴史研究者である。本書は「建築から世界史を読む方法」というタイトルだが、世界史の視点から西洋の建築史を読み解くものである。大学の建築学科で教わる西洋建築史は、オーダーを習い、ゴシックやバロックの様式を学び、新古典主義やゴシック・リバイバル、クィーン・アン様式などを知る。だが、それらの様式がどういう背景、どういう歴史的な流れの中で、どういう精神の中で、必然として生まれてきたのかを関連付けて学ぶことは少ない。
 本書で語られる歴史は、かなり大胆にまとめられているように思う。だがだからこそ見えてくるものがある。なぜルネサンスが復興したのか。なぜ民主主義が生まれた革命の時代にグレコ・ローマン様式がリバイバルするのか。建築に注目し、なぜその様式が生まれたのかを世界史の視点で読み解くと、逆に大胆な歴史観が芽生えてくるのかもしれない。それが「建築から世界史を読む方法」というタイトルの意味なのだろう。建築の歴史を読み解こうとすることで、世界史の見方も変わる。そんな感想は歴史家に対しては失礼か。建築技術者としてはあくまで、建築の視点から楽しく世界史を知ることができた。痛快に面白かった。

ローマ帝国が「3世紀の危機」に直面…根本的な問題は、東方に属州が広がらないこと。…先行きに不安を強める市民たちは、キリスト教に新鮮さを感じ取った。…転機は313年…時のコンスタンティヌス帝は、宗教弾圧よりも信仰の自由を認めたほうが得策と見て、キリスト教を公認したのだ(ミラノ勅令)。…そうは言っても、今まで迫害されてきた側としては、皇帝に対して抑えがたい感情もあった。/このとき…神学者エウセビウスは、一つの論を説いた。それが「神寵帝理念」である。…これによって教団は、皇帝と協力関係を築くことになった。(P61)
○9~11世紀にかけて、ヨーロッパ世界は…まさにカオスであった。/この…状況を収拾したのが、ドイツに立ったザクセン朝のオットー1世であった。彼は…マジャール人バルト海のノルマン人をやっつけて、イタリアの内紛も制するほどに勇猛果敢だった。…962年、オットー1世は、「強い君主」をアピールして、初代神聖ローマ皇帝に就いた(オットーの戴冠)。ドイツの国王がローマ皇帝を兼ねることになったのである。(P97)
○14世紀後半…教会は…黒死病の流行から人々を守ることができなかった。…イギリスの神学者ジョン・ウィクリフ…は「キリスト教の真理は…聖書の中にある」と言う。…新約聖書の原典は…コイネー(ギリシア語)で書かれている。…大胆に言えば、新約聖書を原典で読みたいがためにギリシア語学習が糸口となり、ヨーロッパの神学者文人たちは、古代のギリシア・ローマ文化に踏み入ったということである。(P136)
○古典主義がグレコ・ローマン様式に注目したのは、人間を中心に据えた価値観を古代ギリシア文明に求めたからだ。これが「人間の復興」、つまりルネサンスの原点となる。…新古典主義の精神は18世紀、啓蒙思想の華やかなりし時代に登場した。それは絶対王政に対抗する思想であり、革命の精神を表すもの。…米仏の政治制度は、古代ギリシアの民主政治、ローマの共和政に源を求めているということになろう。(P195)
○1842年に…バイエルン王国が、ヴァルハラ神殿を建てる。…ファサードは厚かましいほどに、パルテノン神殿に似ている。いや、同じだ。…パルテノン神殿は、竣工以来2400年の間…無造作に扱われ…てきた。/パルテノン神殿がヨーロッパ文明の源流のように演出されたのは…ヴァルハラ神殿によるところが大きい。そのおかげで、建築として文化的遺産として、パルテノン神殿の価値が引き出され、世界的に見直されるようになったといったほうが歴史的な理解だろう。(P200)