モダニズム崩壊後の建築

 先に読んだ「ル・コルビュジエがめざしたもの」の続編。本書では副題「1968年以降の転回と思想」にもあるとおり、1968年以降の現代建築に対する批評などを収録している。本文中にもあるが、現代建築と近代建築の境はどこになるのか。筆者は前書で近代建築、本書で現代建築を対象としていると考えていいだろう。とは言え、第1章「1968年前後の建築」に収められた評論はどれも難しい。特に最初の「1968年―パリの五月革命をめぐる思想と建築」はあまり理解できなかった。4つ目の評論「大阪万博の建築群」あたりからようやく楽しく読めるようになる。その前のアーキグラムやコープ・ヒンメルブラウに関する評論は、建築とは何かと問うものだ。まさにそこから現代建築は始まったのかもしれない。
 第2章と第3章では、住宅と窓などの要素について、そして装飾やファッションを取り上げた論考が並ぶ。なかでも「かわいい」と「ヤンキー」についての評論は面白い。単に私でも理解できるということかもしれないが、丹下健三などに代表される大文字の建築から、建築は今や皮膚感覚なものになりつつある。だからこそ、ファッションとの違いを考えることに意味がある。
 そして最終章「ポストバブルの日本建築」では、オルタナティブ・モダンを取り上げる。伊藤豊雄をめぐる現在の若手建築家たちが何を行っているのか。それがモダニズム建築の再定義、オルタナティブ・モダンではないか、という論考は説得力がある。リノベーションと言い、使い手目線と言っても、まだまだ建築と呼ばれる物体は鉄やコンクリートやガラスでつくられ、地面に固定されている。だからオルタナティブ・モダン。同時代の建築が今後いかに変化していくか。“日本”の建築は今後どう変わるのか。それを観ていくときに、五十嵐太郎という同時代人がいることは心強い。これからも五十嵐太郎の論評からは目を離さないようにしよう。

○そもそも日本人が、4・5階建て以上の建物に住むようになったのは、基本的には戦後からのことであり、せいぜい半世紀くらいしか歴史がない。……したがって、戦後の団地や高層アパートは、日本の歴史において……中層以上の建物に住む人の風景をもたらした画期的な事件だった。/しかし、今や規制緩和によって、タワーマンションがあちこちの駅前に増殖する時代を迎えている。……明らかにこれは21世紀に出現した新しい集合住宅の風景である。(P158)
モダニズムの時代に船が機能主義的なデザインの理想とされたことはよく知られていよう。その結果……近代建築では、しばしば丸窓が使われている。……ところで、客船の方は逆に陸上の建築に憧れていた。むしろ角窓を理想とし……一等の客室では四角い窓をなるべく用いている。……モダニズム建築が動く機能的なホテルとして客船の窓を模倣したのに対し、客船の側は安定した環境の建築になろうとしたのである。船のような建築と、建築のような船。一種のねじれというか、両者は互いを理想化していたのだ。(P199)
○かつて世間から認められないアンダーグラウンドサブカルチャーとして育成した「おたく」が、いつしか手のひらを返したように、「オタク」というラベルに張り替えられ、国策として推奨されるようになった。……だが、そのとき文化の意味は変容していないか?/筆者は、「かわいい」と「カワイイ」をめぐっても、同様の構図が存在しているように思う。……一般人は「かわいい」を用い、「カワイイ」という言葉は……洗練されたマーケティングの論理が働くときに使われているのがうかがわれる。(P276)
○ホールの議論を都市論に置き換えれば、「コード化」は計画者の側が、一定の目的に従って、管理しやすい機能的な空間をつくることになるだろう。そして「脱コード化」は、居住者や旅行者がいかに都市を使うかということになる。計画された広場や公園で一時的に休むのは、あらかじめ想定された使い方だが、そこで寝泊まりするホームレスは、空間の新しい意味を生産する。……若手建築家のリサイクルも、都市の「脱コード化」にほかならない。(P336)
ポストモダンモダニズムに対する修辞学的な変形だとすれば、イトー・スクールのオルタナティブ・モダンは言語体系そのものを組みなおす。つまり……せんだいメディアテークが提示したように、そもそも柱とは何か、壁とは何かにさかのぼって、言語のレベルで変革を起こす。オルタナティブ・モダンは、近代を特徴づける主要な建材である鉄、コンクリート、ガラスを、現在も使い続けているという意味において近代の枠組に含まれる。
だが、コンピューターや新しい思想をデザインに導入することで、まだモダニズムが十分に展開しきれていなかった別の可能性を発掘するものだ。(P381)

今年は高蔵寺ニュータウン、次の半世紀の始まり

 昨年は多摩ニュータウンや港北ニュータウンなどを見学。そして高蔵寺ニュータウンは50周年を迎えた。今年は51年目。新たな半世紀が始まる。今年のお正月は久しぶりに家で迎えた。朝のウォーキングに少し足を伸ばして、近くの白山神社円福寺まで行ってきた。ニュータウン内に寺社があるというのは区画整理だからこそ。ニュータウンの住民が大勢、初詣に訪れていた。
 さて今年はどんな年になるだろうか。世界情勢も大きく動きそうだし、天皇即位や消費税増税も予定されている。「外患内憂」。でもニュータウンは「人」の街。「外観内優」。外の環境変化をしっかり観て、人に優しい街でありたい。穏やかなお正月を迎えて、今年1年もそんな年であることを願った。
f:id:Toshi-shi:20180129133222j:plain

今年読んだ「すまい・まちづくり本」ベスト5

 今年は都市・建築関係の本を18冊読んだ。例年よりは多め。その中からベスト5を選定してみた。都市の縮退や空き地・空き家等に係る本が多いのが今年の特徴。一般のメディアなどで取り上げられることも多くなってきた。

【第1位】都市をたたむ(饗庭伸 花伝社)

 今年は饗庭伸の講演会「人口減少時代の都市計画・まちづくり」(http://ozakigumi.hateblo.jp/entry/2017/12/02/213149)に参加できたことが最大の収穫だった。「都市のスポンジ化」という言葉ばかりがクローズアップされるが、「人口減少を過度に恐れない」という姿勢は本当に正しいと思う。都市計画制度に対する理解も秀逸。饗庭氏を筆頭に、都市計画は新たな時代に入っていくという予感がする。

【第2位】ニュータウンの社会史(金子淳 青弓社

 今年は高蔵寺ニュータウン50周年で、様々なイベントに参加させてもらった。都市住宅学会会報への執筆も勉強になった。その論文の中でも紹介させていただいたが、ニュータウンは今後どうなっていくのか、どうすべきか。社会学者の視点から多摩ニュータウンを論じる。「ニュータウンは時の経過とともに……『タウン』になる」。まさにそのとおりだ。そしてその時には「ニュータウンというカテゴリー自体が消失する」。そうなればいいのかもしれない。

【第3位】捨てられる土地と家(米山秀隆 ウェッジ)

 年後半になって、米山秀隆氏の本を3冊も読んでしまった。今や、空き家・空き地問題は国民的課題になりつつある。TVでも空き家管理や過疎地での住まい、移住などが連日のように放送されている。その中で具体的かつ実現可能な政策を提案しているのが米山氏だ。ぜひ数多の政治家にもこれらの本を読んで、政策化に向けて尽力してほしい。

【第4位】藤森照信の建築探偵放浪記藤森照信 経済調査会)

 もっとお気楽な本かと思っていたが、しっかりと構成された好著だ。500ページ近い大部の中に71件の建築物等が紹介され、本書で初めて読んだ内容も多い。これが雑誌に連載されていた、ということもすごい。改めて藤森照信の偉大さを実感した。

【第5位】僕らの社会主義國分功一郎・山崎亮 ちくま新書

 哲学者とコミュニティデザイナーという異色の対談だが、建築装飾や建築デザインから近代・現代建築の意味を振り返り、今後の建築を構想する。作家主義批判から住民参加へとつながっていく建築論は筆者たちゆえの必然の結論か。個人的にはポストモダンに対する解釈が興味深かった。

【選外】

 上記以外には、「『都市の正義』が地方を壊す」(山下祐介 PHP新書)や日本建築学会の「幸せな名建築たち」が興味を惹いた。いよいよ本格化する人口減少と不安定な世界情勢の中、これからの都市や建築はどうすれば幸せでいられるだろうか。