「計画的縮退」について

 facebookで若い昔の同僚と議論をした。
 先に書いた「町を住みこなす」の後半で、高蔵寺ニュータウンの地域循環居住について書いたが、そこから「計画的縮退」について派生した。
 彼が「そろそろ『計画的縮退』が必要だ」というのに対して、私からは「行政的には難しいのでは」という微温的な意見を書いた。それに対して彼から「ズルズルとなし崩し的にとギリギリな低空飛行を続けるより、思い切って閉店ガラガラしちゃう方がみんなハッピーなような気がします」とコメントがあり、それにどう返答しようかと思い、ふと手が止まった。
 いろいろなことが頭に去来した。一つは、「それは若い考えだ。現実はもっと様々な考え、色々な人がいる。思い出も幸福感には重要な要素だ」といったこと。また、「計画高権に対する嫌悪。理想と現実が違うとして、理想の都市を実現するために、計画的に高権を発動することが正しいのか。計画で人々を動かすよりも、人々の流れに沿った計画であるべき」といったこと。さらに「人口が減少するにあたって、どういう住まい方・都市のあり方が理想なのか。都市的集中と過疎の二分化が本当にあるべき都市の姿なのか。それは欧米的都市像ではないのか。もっと薄く平べったい都市のあり方は実現困難なのか。情報化などの技術革新が都市の姿を変える可能性はないのか」とか。一方で、「日本の都市計画は50年早すぎた。これまでは、土地所有に対する権利意識などが強く、都市計画が日本人一般には十分理解し受け入れられていない状況にあったが、これからの若い人たちは意外に規律よく、都市計画を順守するのかもしれない」という思いも去来する。
 国土に対して人口は減少するのだから、土地利用が全体的に「希薄化」するのは確かだ。それが満遍なく希薄化されると、これまでと同様の都市インフラの維持は困難となる、ということも理解できる。だから、行政としては、行政サービスの「選択と集中」をせざるを得ない状況になることも明らかだ。すると、行政の選択肢は、「行政投資を維持・充実する地区と撤退する地区を、事前に空間的に明らかにする」か、「空間的な明示は行わず、ある程度の基準等に基づいて行政投資を行い、結果的に行政投資が集中する地区と、希薄な地区が生まれる」形にするかだ。「計画的縮退」というのが前者で、私が何となく指向しているが後者だ(「なりゆき縮退」とでも名付けておこう)。時代は前者に傾いている? 少なくとも若い元同僚はそう主張している。
 しかしそれではどちらがハッピーか? 「計画的縮退」では、撤退地区とされた住民からは異論が出るだろうし、その説得にかなりの行政努力を要する。しかも、縮退後の結果に対して、行政的な責任を負うことになる。一方、「なりゆき撤退」の場合、行政は、知らず知らずサービスが希薄となった地区住民からのクレーム対応に追われることになる。「ある程度の基準」にどれだけ客観性があるかが問題となるが、最後は説明して押し通すことになる。そうして、行政サービスが希薄となった地区からは、自主的に撤退する住民が現れだす。その後は加速度的に縮退が始まり、しかし一定程度、人口が減少した時点で、その地区に愛着と使命心をもった住民が残る。過疎化かもしれないが、地区が完全に放棄されるにはしばらく時間がかかる。そしてまた時代が変わり・・・。
 これは結局、計画経済か、市場経済か、という選択なのだろうか。都市政策に計画経済と市場経済のアナロジーは適合するのか。もちろん完全自由主義とはいかないと思っているが、どこまで規制して、どこまで計画的であるのかは難しい問題だ。都市計画サイドからは、日本の都市計画は市場経済に引き摺られ、規制が十分ではないという議論が多く語られるが、確かに都市化という部分ではそうであったと思う。しかし過疎化という部分では、都市計画に十分な理論があったとは思えない。そして今、「計画的縮退」ということで過疎化を計画的に進めることには、やはりためらいを覚える。行政サービスの希薄化はやむを得ないとして、その結果、過疎化が進む地区の住民に対しては、「追い出す」のではなく、継続居住を温かく支える姿勢が重要に思う。それが「なりゆき縮退」なのだろうか。ここまで書いてもまだ、自分の考えがまとめきれない。
 とは言っても、私は既に第一線を退いた人間だ。微温的な意見を言ったところで、それで第一線に舞い戻ることもないだろう。だからこれからの都市づくりは、これからの若者たちに任せるしかない。人口減少化の日本の都市はどうなっていくのか。それをこれからは第三者的に、客観的に観ていこう。都市やまちの変化、さらには、むらや国土の変化というのは、何時になっても、いくつになっても楽しいものだ。

ラ コリーナ近江八幡

 岐阜羽島コストコへ行きたいと妻が言う。でもそれだけでは面白くないともう一足伸ばして「ラ コリーナ近江八幡」まで行ってきた。言わずと知れた藤森照信の作品。正直言ってもう少し近いかと思っていたけど、八日市ICを下りてから約30分。意外に時間がかかった。案内看板に従って左折すると駐車場がいくつかに区分されてある。なるべく正面の駐車場に停めるが、そこからは生垣に遮られて建物は見えない。少し歩いて生垣の間を抜けると、緑の原っぱの向こうに、緑に包まれた三角屋根の建物が見える。
f:id:Toshi-shi:20170901144615j:plain
 どの駐車場の区画から入っても、各入り口から建物正面に向かうように、三和土で固められた通路が集まっている。そして建物正面に平行して低く深い軒。その下は日陰となって気持ちよさそうなベンチが置かれていた。庇の下には曲がりくねった柱が並ぶ。建物入口を入ると広いエントランスがあって、右にバームクーヘンのショップ。左には和菓子のカウンター。どら焼き直売コーナーを囲む配置の和菓子カウンターの商品を見ながら一回り。和菓子の抜型を張った飾り壁もあっておしゃれだ。
f:id:Toshi-shi:20170901160933j:plain
 2階カフェに向かう階段があったが、そこを通り抜けて、エントランスロビーの奥から外に出ると、そこはまた藤森照信ワールド。小山を背景にのびのびとした水田が広がり、その周りをぐるっと1周できる通路が囲んでいる。また左側は、屋上緑化された半円形の渡り廊下が通路に沿って回る。水田のあちらこちらに、頭に松と思しき植物を乗せた小岩が散在し、鳥おどしが設置されている。1本の縦竿の頭から四方に綱を張り、そこに音子をいくつもぶら下げたもので、風に揺れて、また綱の端を引っ張ればカラカラと音が出る。
f:id:Toshi-shi:20170901145910j:plain
 メインショップを抜けた右側の廊下状の建物の下には、カステラを中心とするショップとカフェがある。その右手には本社ビル。焦茶色の金属葺きの三角屋根が伸びて、左端には楕円形ドーム状の展望台。上部に開けられた窓から見学者とおぼしき若者たちの姿が見えた。一緒に入りたかった。三角屋根には大きな松の木が屋根を破って伸びている。また軒を支える柱もメインショップの庇と同じく曲がった柱。
f:id:Toshi-shi:20170901145621j:plain
 円形の通路に沿って水田の周りを歩く。2/3周、左から歩けば1/3周ほど歩いたところに、ジブリの世界に出てきそうな薄茶色のモニュメントが置かれている。小さな入口が付けられ、そこをくぐったりしてみんなが写真を撮っていた。モニュメントの上には棟芝が植えられている。その向こうに渡り廊下。下に入って見上げると、しっくいの白と木の茶色のコントラストが美しい屋根裏。力強い自然木の柱が並んでいる。
f:id:Toshi-shi:20170901151803j:plain
 渡り廊下の下をメインショップに向かって歩くと、右手に金属製のかまぼこ型の建物が見える。こちらはフードガレージ。2階建てロンドンバスや古びたシトロエントラックなどが置かれ、マカロンなどの洋菓子を置いている。その手前のフードコートに面して対面式のショップもあり、多くの客が楽しんでいた。また、ベーカリーの上は屋上デッキになっている。
f:id:Toshi-shi:20170901145207j:plain
 ぐるっと一周戻ってきて、もう一度、メインショップへ。2階のカフェで中庭の全景を見ながらコーヒーを啜る。気持ちのいいひと時。風が吹き渡り、鳥おどしがカタカタとなった。いつまでもいたい気分だ。それでも今日のメインはコストコ。1時間半ばかり楽しんで次へ向かった。「びわ湖バレイ・びわ湖テラス」と並んで、今、滋賀県で最もホットな観光スポットの一つだと聞くが、確かにそれだけの魅力を持っている。そしてその豊かな環境は藤森照信の夢の力とコラボして、気持ちのいい風の中にある。

町を住みこなす

 大月先生の講演会が先日あった。あいにく参加できなかったが、本書と同じタイトルというので、さっそく読んでみた。大月先生には2015年に講演会があった時にも参加した。その時は「人口減少時代の住宅地運営~住宅地における多様性の獲得」というタイトルで、本書とほぼ同じ内容の話だったような気がする。すなわち、「多様な住宅、特に賃貸アパートがあることによって、地域の循環居住が確保され、住宅地の多様性が確保される」といった内容。これに、第4章以降で、東日本大震災時の仮設住宅計画に関連して、居場所づくりの話が付け加わっている。いや、家族資源:地域資源:制度資源という話は、先の講演会でも話されていたから、私が単に忘れただけかもしれない。
 書かれていることに異論はない。そのとおりだと思う。今回の講演会に参加した友人から、「高蔵寺ニュータウンの話をもされていた」と聞いた。どんな話だったんだろう。それを聞けなかったのが残念だ。高蔵寺ニュータウンについては、高齢化や空家が多いといった話をよく聞くのだが、UR賃貸住宅の空き家は多いが、戸建て住宅の空き家率は3%程度に収まっており、けっして高くない。また、ニュータウンに接する周辺住宅地も含めてみれば、賃貸アパートもあれば、商業・業務施設もあり、ある程度の多様性は確保されている。高齢者についてはもう20年もすればいなくなるはずで、その時には周辺住宅地も含めて、十分に地域循環居住が達成されている、持続性のある街になっていると考えている。
 課題は、空き家が多く発生している中層階段室型のUR賃貸住宅をいかに地域循環居住の双六の中に組み込んでいくかということだろうか。賃貸アパートがあればいいという訳ではない。「地元」化のためには「団地の環境を気に入っている人が一定割合いる」(P132)ことが必要だと言うのだが、一定割合以上の賃貸アパートはやはり余剰と言うべきだろう。適当な割合というのはやはりなかなか難しい。

○たいていの団地というのは、当初の設計図通りには家は建たないし、建っても、時間が経つにつれて違う機能に置き換わったりするものである。・・・しかし、これを居住者の立場から見たらどうだろうか。団地の隅から隅まで、似たような住宅ばかりが軒を連ね、その間に空き地も店舗もないような息の詰まるような町ではなく、「町角のタバコ屋」みたいな形で、町のところどころに住宅と馴染みのよい商店や教室があり、たまに空き地で家庭菜園がなされていて、買い増しした車の置き場にもそんなに不自由しない。こうした点では、当初は、ぎこちなく未熟であった団地が、多様な世代に住まわれるための多様な機能を時間とともに獲得し、成熟した町に成長したともいえるのではないだろうか。(P51)
〇賃貸アパートは、戸建て住宅や分譲住宅とはかなり異なる住民層を受け入れる器として機能している実態がある。このことを、今後の町のつくり変えに、有効に活かす可能性は十分あると考える。・・・できるだけお金のかからなそうな工夫と努力で、町を少しずつつくり変えていく方策だってあるに違いない。排除とコントロールは違うのだ。排除の道を選んでしまえば、町から多様性も排除されていく。逆にコントロールの道を選んで、多様性のある生き方を許容する町を目指そうじゃないか(P62)
〇「近居」を契機として、子育て世代が移り住んでくれることは、そこの地域の人口構成を「多様化」することにつながる可能性をもっている。・・・画一的なデザインと規模の住宅だけで構成される町は、多様な人を呼び込めないだろう。いろいろな形や大きさや機能をもった建物が「混ざる」ことによって、多様な人が移り住む素地ができ、近居の先に、町における多様性の確保、そして、町の持続性の獲得というものが見えてくるのではないか。(P105)
〇若者が住むための賃貸アパートも同時に、地域循環居住の計画の中に仕組んでおくべきであろう。/老若男女がどんな家族形態であるときにも住めるような、地域循環居住が可能な状況の中ではじめて、持続性をもって町が住みこなされて、ゆるい定住環境が実現できるのである。もちろん・・・たくさんの新陳代謝があった方が、町はかえって活気づくことも事実である。一定の割合の人がゆるい定住をし、一定の割合の人が入れ替わる。こうした、いわば町の自然な新陳代謝のようなものが、町を急激にいびつに変化させない、いわば恒常性(ホメオスタシス)をもたらしてくれるのだろう。(P127)
〇ある人にとってその町が薬箱のように見えてくると、・・・なるべくこの薬箱を手放さないようにしたくなるに違いない。・・・また、この町が自分の薬箱のように思えるまでに、自分がこの町に費やした時間とエネルギーは莫大だ。しかも、その時間の蓄積はそのまま町での暮らしの思い出でもある。・・・こうして町は、居続けたいと思った人びとによって、時間をかけて拠点化されていくのである。そうして拠点化された結果、この町を人びとは「地元」と呼ぶようになる。(P140)