日本の醜さについて

 井上章一を私は建築史家と思っている。「京都ぎらい」でブレイクして以降、本人は自分のことをどう考えているのだろう。本書は「小説幻冬」という文藝詩で連載した「結局、日本人とは何なのか?」を改題し加筆修正したものと書かれている。「あとがき」では「ちょっとした作家気分も・・・いだくことができ」たと書いている。文筆家、社会評論家といった風情か。でも内容は明らかに建築史家。建築を学び育った人間が社会学者や文学者に対して、「みなさん偉そうに『日本人は集団主義だ。空気を読む』なんて言うけれど、都市景観はまったく集団主義的ではありませんよ。逆に、西欧と比べても極端に個人主義的です。書斎の中、建物の中に閉じこもってばかりおらず、外の、現実の姿を見たらいかがですか」と異議を申し立てる。
 建築史家にとって当たり前のことが、社会科学分野では全く顧みられない状況に憤り、呆れ、でもどうしてそうなるかまでは解明できず、それで苛立つとまではいけずに、その違いを面白がっている。だから、本書に書かれていることは都市や建築を学んだ者なら当たり前のことばかり。いや、文藝愛好者を前に、ちょっと書き過ぎのステレオタイプにさえなっている。
 でも結局、なぜ日本人は、こと建築や都市景観においてこれほどまでに個人主義的で自由になりすぎてしまったのか。それは社会における集団主義的な性向でもって説明できるのか。もしくは人間は本来、個人主義的で、都市景観を集団的にしばる欧米のあり方のほうが特殊なのか。そうなった理由はあるのか。ホッブズやスピノなどの哲学を駆使すれば説明できるような気もする。そういえば松原隆一郎「失われた景観」はこのことをどう考察していたっけ。でも面倒なので、読み返すまではしないけど。

○建築に関しては、ヨーロッパのほうが、はるかに集団主義的である。個人主義的なのは日本だと、そう言わざるをえない。・・・都市と建築を比較するかぎり、自我の肥大化を肯定したのは日本である。欧米、とりわけヨーロッパでは、それをおしとどめようとする力が、強くはたらいた。「和をもって貴し」とするような景観をこしらえたのは、あちらのほうである。日本の都市建築は、まわりの空気を読もうともしない。全体の「和」などは、歯牙にもかけてこなかった。(P22)
○アン女王時代の・・・整然とした様子が、貴族を地主とする土地でできたことも、たしかである。雑然とした日本の家並には、封建遺制などぬぐいさった小市民の自由が、いきづいている。・・・しかし、社会科学は、また歴史学もそこを見ようとしなかった。近代的エートスは、西洋ではめばえ、日本ではうまくそだたなかった、と。精神やエートスは、肉眼だと見えないのに、建物の様子は、ざっとながめるだけで、たしかめられるのもかかわらず。(P69)
○建築意匠では、自我の発露をたがいにきそいあう。・・・日本的な都市景観を象徴するそんな道頓堀で、歩行者は手摺にまもられていた。意匠はときはなたれているが、安全対策では自由をしばられている。/この風景を見ていて、つくづく思う。われわれの身体は、子どもあつかいでもされているかのように、国家から保護されている。その安全地帯で、われわれは幼児的な自我のあふれる様子を目にしてきた。(P120)
○京都は戦禍をあまりこうむらなかった。・・・旧来の街並は温存されたのに、それを自分たちの手でくずしたのである。・・・明治以降の石造建築なども、つかいつづけるつもりがあれば、維持は可能であったろう。/鉄筋コンクリートのビルを、高度成長期にぞくぞくたてていく。・・・そこに、経済的な旨味があったからである。・・・木の文化だから、日本では建築のたてかえにはずみがつきやすくなる。この説明では、現代の都市景観をもたらした推進力が、読みとけない。(P134)
安吾の論法は・・・単純である。言葉をつかう言語芸術はえらい。建築をはじめとする非言語表現は、くらべて見おとりがする。・・・一種の文学至上主義が、となえられているにすぎない。・・・建築びいきの私には、まったく逆の構図も脳裏をよぎる。宗教が信仰という本質をうしなっても、建築は生きのこりうる。・・・古代ギリシアの信仰はとだえても、パルテノン神殿がかがやきつづけたように。(P204)

藤森照信の建築探偵放浪記☆

○50年近く建築探偵業を続けていると、自分の関心の傾向が分かってくる。まず、その建築が作られた社会的、文化的、宗教的、歴史的背景への強い関心がある。作った人への興味も深い。/一方、そこに使われている素材、例えば泥とか石とかコンクリートとか、そしてそれらによって表される仕上げについてもうるさい。/“背景”と“仕上げ”・・・この両極端の間を言葉に乗って行ったり来たりしながら、なんとかその中間に位置し、広がる建築というものを捉えようとしている。(はじめに)

 タイトルを見て気軽にネットで貸出予約をしたが、届いた本を見て驚いた。何と大部。全468ページ。藤森照信が月刊「積算資料」で連載してきた「建築あれこれ探偵団がゆく」をまとめたもの。全部で71件の建築物等と文章が収められている。冒頭に掲げたのは「はじめに」の最後の文章だが、なるほど藤森氏の建築探偵の視点はここにあったかと頷く。
 「Ⅰ章 工法・造形・素材」から始まり、東京駅の鉄骨煉瓦造を皮切りに、木造、コンクリート造と続き、「造形」、「素材」の各テーマで分類されている。煉瓦造が関東大震災以降、なぜ日本で発展しなかったのかという疑問への回答も興味深いし、コンクリート造の仕上げについて、鉄筋コンクリート造の祖、モニエの給水塔を訪ねるところから、世界初のコンクリート打ち放し建築と言われるペレのル・ランシーの教会、ミュンヘンのコンクリート小叩きの建築群、さらに本野精吾の旧鶴巻邸、レーモンド自邸など訪ね歩き、最後の結論に至る一連のシリーズも興味深い。
 「Ⅱ章 人物」では、丹下健三ル・コルビュジエアドルフ・ロースミース・ファン・デル・ローエフランク・ロイド・ライトなどを取り上げるが、特に丹下健三の偉大さへの評価が際立っている。「Ⅲ章 宗教」「Ⅳ章 歴史」では世界の教会や修道院ナチスドイツの建物や世界の史跡などを見て回る。その中では、キリスト教アール・ヌーヴォーの関係などが興味深い。そして自然と建築物との関係について、自らの設計コンセプトと対比して思索を巡らす。
 いつ読んでも、何を読んでも、藤森氏の本は面白いが、本書はさらに内容満載で充実している。建築学科学生のテキストにしても十分な内容を備えている。

藤森照信の建築探偵放浪記―風の向くまま気の向くまま

藤森照信の建築探偵放浪記―風の向くまま気の向くまま

○鉄骨煉瓦造の東京駅・・・関東大震災が襲う。でも、ビクともしなかった。・・・実は、当時の震災被害の調査報告を見ると、煉瓦造も、帯筋・丸棒入り煉瓦造も、鉄骨煉瓦造も、鉄筋コンクリート造や鉄骨造に比べ特別壊れているわけではない。・・・同じ程度の壊れ方だったのに、なぜ震災後、煉瓦造は・・・造られなくなったのか。・・・震災後の構造は、佐野利器の強力な指導により鉄筋コンクリート造一色に統一されてしまう。辰野の没後、日本の建築界のトップに立ったのは、東京駅の鉄筋コンクリート化を進言したが撥ねられた佐野だった。(P014)
○鉄筋コンクリート表現について・・・今は、次のように考えている。/“1910~20年代、コンクリートという新しい材料と構造をどう表現するかに取り組んだ世界の革新的建築家たちは、ブロック、小叩き(ハツリを含む)、モルタル塗り、打ち放しを試みたが、やがて打ち放しに収束してゆく“(P124)
○戦後、日陰に隠れてしまった左官の仕事に光を当て、その重要性を浮かび上がらせたのが石山の伊豆長八美術館なのである。/この仕事の後、石山は名言を吐いた。/「表現は技術を刺激する」/技術と表現の関係は20世紀建築の核心に位置する問題で、鉄やガラスやコンクリートといった技術を使っていかなる表現をするかについて、多くの先人たちが実践上も理論上もさまざまな努力を積み重ねてきた。そうした長く厚い歴史の中に置いても、石山のこの一言は輝きを失わないだけの力を持っている。(P174)
○建築と周囲の自然との関係をどうするかは楽ではない。一歩間違うと自然を壊すか、建築を消すか、どちらかに至る。・・・そこで私は、自然と親和力のある自然由来の素材を多用することを試してきたが、こうしたやり方以外にも方法はあることを2200年前の建築が現物をもって教えてくれた。/勘所は二つ。一つは自然の斜面がそのまま人工物の斜面へと繋がっていること。・・・もう一つは、建造物と自然との接点の処理にあり、両者が断切していないように見せること。(P392)
キリスト教は、この人類誕生の物語において肝心なことを言外に隠しているが、要するにアダムとイヴは性の悦びに目覚め、そのことで楽園から追放され、そして・・・性の悦びに目覚めた結果として子供が生まれ、そこから人類の歴史が始まる。この性の悦びに目覚めたことこそ、キリスト教の言う“原罪”にほかならない。・・・アール・ヌーヴォーが好んで登場させる動物と植物が語るのは、/「20世紀はキリスト教の代わりに“生命”を発見した。・・・」ということになる。(P420)

高蔵寺ニュータウンについて(その3)

 「高蔵寺ニュータウンについて(その2)」から続く。
 サンマルシェ内に設置された市民団体拠点施設「東部ほっとステーション」には現在、10団体が登録し活動を行っている。その中の一つ、NPO法人高蔵寺ニュータウン再生市民会議」は、ニュータウンの計画立案にも関わった曽田忠宏氏(元愛知工業大学教授)が中心となって立ち上げた市民団体で、現在も「どんぐりsカフェ」などの学習・交流イベントや「活き活き楽農会」などの生活支援活動を活発に展開している。
 また、押沢台北地区で7年前から開催されている「ブラブラまつり」は、2017年度の「第13回住まいのまちなみコンクール」(一般財団法人住宅生産振興財団主催)国土交通大臣賞を受賞した。年1回、各自宅の庭先などを利用した立ち寄り処をオープンし、住民がブラブラと歩く催しで、2017年10月には約30戸の住宅が店を開いた。こうした活動は押沢台南地区にも広がり、昨年夏から住民が交流する行燈まつりが開かれている。また、今年2月には、押沢台地区向けのまちガイドブック「押しなび」が作成・配布された。
f:id:Toshi-shi:20180610104951j:plain
 2018年に高蔵寺ニュータウンは入居50周年を迎えた。春日井市では市制75周年を記念し、活動支援を行う市民協働事業を募集した。この結果、ニュータウン内では、地区社協が主催する「さくらウォーク」や、住民有志により運動会などを開催する「藤山台50周年事業」などが実施されている。これらの事業に中心的に取り組んでいるのが、60代後半から70代前半の団塊世代だが、定年を迎え無職だが、まだ元気で能力もあるこの世代の今後10年間の活動がニュータウンの活性化にとって大きな意味を持つことになるかもしれない。
 高蔵寺ニュータウンにおける戸建て住宅の空き家率はけっして高くない。また、ニュータウン内外でも、土地区画整理事業による遊休地などで活発に分譲住宅の建設が進められている。確かに高齢化は進み、夫婦片方の死去等により人口も減少している。では、あと20年したらどうなっているだろうか。団塊の世代の多くが亡くなった後、ニュータウンは空き家・空き地ばかりになるのだろうか。
 意外にそうはならないのではないかと思っている。インフラはしっかりと整備され、周辺や地区内に利用可能な土地は残っており、民間賃貸住宅も建設されている。ニュータウン内の誘致・サービスインダストリー用地には、周辺住民との紆余曲折もありながら、現在50社を超える企業が立地をしている。また、ニュータウンの周辺では春日井市により工業団地の造成が行われ、トヨタホームを始めとする企業が進出している。近接する中部大学とも連携し、UR賃貸住宅への学生入居やキャンパスタウン化の取組も行われている。地域で循環居住が成立する環境は整っていると言えるのではないか。
 「高蔵寺ニュータウン草創期の話」で訪問した土肥先生の1997年の講演録「住宅生産振興財団まちなみ大学『ニュータウンのデザイン』」を読むと、「ニュータウン開発がそれだけを考えたのではだめだ、(中略)より広い範囲を含めて、地域のデザインとして展開されなければならないわけです。そうなると、あえてニュータウン・デザインと言わなくても、一般の地域や都市のデザインと殆ど変わらない」と述べている。また、「ニュータウンの社会史」には「ニュータウンは時の経過とともに『オールドタウン』になるのではない。ニュータウンは『タウン』になる。ただそれだけのことだ。そしてそれは、『ニュータウン』というカテゴリーの消失をも意味することになるのである」(P238)という記述もある。まさにそのとおりだと思う。
 春日井市の中でも鳥居松や勝川など、それぞれの地区の歴史とアイデンティティがあるように、ニュータウン地区にも、ニュータウンならではのアイデンティティがある。「グルッポふじとう」の開設にあたり、愛称公募に応募し採用された方が、50年前、両親とともに高蔵寺ニュータウンに入居した住民の一人だった。実家から独立し、今も高蔵寺ニュータウン内に住むその方は、朝日新聞の取材に対して、「この場所が、子どもからお年寄りまでみんなが集まって楽しめる場所になるよう、願いをこめました」と名称への思いを語っている。また最近、ニュータウンに隣接する坂下町で生まれ育ったという都市計画研究者にあった。彼女が小学生の頃に造成工事が始まって、サンマルシェにもよく遊びに行ったと言う。ニュータウン周辺の町で育ってニュータウンに入居している住民も数多くいる。こうして高蔵寺ニュータウンは、入居者だけでなく、周辺住民やかつての居住者からも強い関心と愛着を得ている。このことはニュータウンの将来にとっても大きな力になると思う。
 先日、パルテノン多摩を訪ねた際に、エレベーター内に映画「人生フルーツ」の上映会の案内が貼り出されていた。高蔵寺ニュータウンの計画策定をリードした津端修一氏と妻の英子さんの暮らしを追ったドキュメンタリーだ。もとは地元の東海TVが放送したものだが、その後、映画となり、全国規模で上映が続けられている。この映画を観て、改めて高蔵寺ニュータウンの良さを感じたというニュータウン住民の声も聞く。残念ながら、その多くは高齢者だが、彼ら団塊の世代の想いが、「グルッポふじとう」等での交流や活動を媒介に次世代につながっていくことで、高蔵寺ニュータウンは確かなアイデンティティを手に入れることができるのではないか。その時こそ、高蔵寺ニュータウン春日井市におけるただの「タウン」になるのだと思う。