奇跡の集落☆

 新潟県十日町市池谷集落と言えば、地域おこし協力隊の活動の中では最も有名な取組の一つのようだ。6世帯13名という廃村寸前の状態から11世帯23名まで盛り返し、限界集落から脱却していく過程を詳しく紹介している。筆者は、この集落に地域おこし協力隊として入った多田朋孔さん。しかし本書では多田さんがこの集落に入った2010年2月以前の状況についても関係者への聞き取り等により整理してまとめている。
 2000年、既に無住となっていた隣の入山集落まで市内から耕作のために通っていた山本浩史さんに、日本画家の稲田義樹さんから「山小屋を貸してほしい」という話があった。そこから始まった外部の人との交流が、2004年中越地震による被災を受けて、被災民・難民支援をしているNPO法人JENにつながり、多くのボランティアが入ることで集落の雰囲気が変わる。さらに、中越復興市民会議による集落の「宝探し」イベントを契機に、住民の心に「むらを絶やさない」という共通の目標が共有されることとなった。
 一方、集落の復旧活動として、デザイン策定支援事業や先導事業などを続ける中で、米の直販などの事業にも取り組んでいく。また、偶然のきっかけからNPO法人棚田ネットワークとつながり、その縁で2008年10月に農業研修生がやってきた。彼が事務局的な働きをする一方で、盆踊りの復活などに取り組み、これらの活動とネットワークが、多田さんを始めとする多くの若者を池谷集落に呼び寄せ、多くの移住者も現れ、NPO法人の設立や米作りなど現在の状況につながっていく。
 こうした過程を描いた第1部【実話編】の後に、これらを分析し、抽象化してまとめた「第2部【ノウハウ編】限界集落再生のポイント」が続く。こちらでは、地域おこし協力隊をうまく活用するためのポイントが協力隊員の立場、行政職員の立場からそれぞれまとめられるなど、これから地域おこし協力隊制度を導入しようとする集落や行政にとってもわかりやすい資料となっている。そして各所に、移住者やNPO支援者等によるコラムや既住民に対するインタビューなどが挿入されており、中には多田さんの妻である多田美紀さんによる本音コラムもあって面白い。最後には、明治大学の小田切徳美教授による解題も添えられ、実に楽しく読める地域おこしの実践書になっている。
 第2部の終わりに、これまでの経済成長一辺倒の考えではなく、経済と自然の恵みの循環が生まれるような仕組みづくりを目指しています」(P262)と書かれているが、まさにこうした暮らしと生産の仕組みこそが、人口減少する日本におけるこれからのモデルになるかもしれない。筆者の多田氏は、単に農村好きでこの地に来ただけではなく、それまでに経営コンサルタントや組織開発コーディネーターとしての経験を有していたことがこの結果につながっている。そしてもちろん多くの支援者とつながったという偶然も大きい。だから池谷集落は確かに特別ではあるが、「おいでん・さんそんセンターと足助の町並み」での紹介した通り、既に多くの地方でこうした暮らしに引き寄せられて移住する人々が増えていることも事実。時代は着実に変わりつつある。私にできることはそれらの動きを追うことだけではあるが、こうした本を読むとひょっとしたら日本の未来も意外に大丈夫かもしれないと明るい気持ちになる。

奇跡の集落: 廃村寸前「限界集落」からの再生

奇跡の集落: 廃村寸前「限界集落」からの再生

○復興基金は、池谷・入山集落の地域おこしの取り組みになくてはならない資金でした。……2008年10月、池谷集落に農業研修生がやってきました。……当時27歳の若者でした。期間限定とはいえ、外から若者がやってきて池谷分校に住み込みで地域おこしの取り組みに従事してくれたことは、池谷集落にとって非常に大きな一歩になりました。(P50)
○ジェンが池谷分校を拠点とするにあたって……なぜ震源から離れた池谷分校をあえて拠点にするのか……一つの理由として……もともと他の支援の及ばないところを選んで入るようにしている……もう一つは……このままいけば池谷も……消えていく運命をたどることは目に見えていましたから、単なる「震災からの復旧」ではなく、「消滅に向かうむらを変えるきっかけとなる活動」ができないかということです。それは……大きく言えば日本や社会を変えることにつながる。(P120)
限界集落……の場合は、外から移住者を受け入れ、そういう人が地域に根づいて子供が増えていくことの積み重ねが、長期的に見て集落の存続につながります。この一連の流れを形にすることこそ、私のイメージする「地域おこし」なのです。……イベント…特産品…古民家を改修……これらは「手段」です。……ところが、長期的なイメージを持たない場合・・・…往々にして取り組みを行うこと自体が目的になってしまい、結果、逆に地域が疲弊することもよくあります。(P152)
○自分事で取り組む人がいて、主体的に地域づくりが進められているのであれば、補助金や外部のコンサルタントを使うことを私は否定しません。……「補助金コンサルタントはこちらが戦略をもって使わないといけない」ということです。……地域住民らがしっかりとした信念と長期的な視点を持って主体的に取り組んでいるのとそうでないのとでは……結果はまったく違ったものになるでしょう。(P155)
○今後目指すべき方向性は、ある一定の地域内で生活に必要なものが自給できる仕組みをつくり、顔が見える関係の楽しいコミュニティがいろんな地域にできることが大切であると考えています。そして、他の地域ともつながりを持ちつつ、結果的に国内で生活に必要なものがすべてなんらかの形で賄える仕組みをつくっていくことが求められていくと思います。……今後、自然の資源が豊富な農村と最新の技術開発ができる都会が草の根的に現場レベルで連携し、生活に必要な自給経済環の仕組みづくりに取り組んでいければうれしく思っています。(P256)

おいでん・さんそんセンターと足助の町並み

 2002年から2004年にかけて、足助町役場で働いていたことがある。その後もしばらくは現地に行って、当時の仕事仲間や定住した家族に会いに行ったこともあったが、ここ10年ほどはほとんどご無沙汰している。「三河山間地域の定住施策―愛知県交流居住センターの活動」では、足助町を含む三河山間地域の定住促進に係る仕事を継続している(一社)地域問題研究所の加藤さんから話を伺ったが、それも5年前の話。今回、(一社)日本建築学会東海支部都市計画委員会主催で見学会が開催されたので、楽しみに参加した。

f:id:Toshi-shi:20190413165433j:plain
足助川と真弓山
 ちょうど当日は足助まつりの開催中で、町内ごとに、桃の造花を飾った山車(花車)が足助の古い町並みの中を引き回されていた。まずは、豊田市足助支所で、(一社)おいでん・さんそんの代表理事でおいでん・さんそんセンター長である鈴木辰吉氏から話を伺った。ちなみに足助支所はかつての足助町役場であり、今は閑散としているが、当時の様子を思い出し、懐かしかった。
f:id:Toshi-shi:20190413164724j:plain
足助の町並み
 鈴木さんは豊田市合併前の旧旭町の出身で現在も在住。高校卒業後、豊田市役所に就職し、都市計画や農政、そして産業部門で長く働いた後、産業部長、総合企画部長を経て、2013年に退職。現役時代から奔走して、2013年8月、当センターを設置。2017年には(一社)おいでん・さんそんを設立し、その代表理事になっている。
 冒頭、合併後の豊田市は日本の縮図だという話をされた。森林面積が総面積の68%、市域の2/3にあたる山村部に居住する人口はわずか5%。これらの数字は日本全体とほぼ同じだと言う。2000年9月の東海豪雨を経験し、豊田市では都市と山村はひとつながりの運命共同体だという認識の下、山村地域の様々な課題解決に取り組みだした。2005年には上流部5町村と合併し、豊田市全体では人口42万5千人の都市になったが、合併した5地区では合併後の10年間で14.2%の人口が減少している。都市部では人口増となっているが、市全体では微増からほぼ横ばいといった感じ。山村部の合併前10年間の人口減少率は8.6%であり、合併により人口減がさらに加速している。ただしこれについては、役場職員が合併により都市部勤務になるなど、合併による行政合理化の影響が大きいと説明をしていた。
 おいでん・さんそんセンターの設立趣旨として、都市と山村のお互いの強みを生かし、弱みを補う中間支援組織と説明しており、特に都市部の高齢者等の生きがいの場として山村部を生かすという趣旨から「いなかとまちのの人・地域・団体・企業が『つながる』プラットホーム」と位置付けている。具体的には、(1)いなかとまちの交流コーディネート、(2)いなか暮らし総合窓口、(3)「支え合い社会」の研究・実践、そして今年度から(4)豊森なりわい塾の事務局と(5)里山くらし体験館「すげの里」管理の各事業に取り組むとともに、NPOや研究者等が参加するプラットホーム会議と様々なテーマによる専門部会を設置している。
 まず、「いなかとまちのコーディネート」事例としていくつかの事例を紹介いただいた。一つ目は、人材派遣・紹介会社man to man(株)が社員教育の一環として耕作放棄地を自社専用ファームとして活用し、会社からは地域に対して一定の経費を支出する一方、地域は農作業支援を行っている事例。また、足助高校と地元の獣肉処理会社がカレー製造販売会社と連携して、猪肉カレーを開発・販売している事例(「ディスカバー農山漁村の宝」優良事例に選定)。トヨタ生協による農業体験ツアーをマッチングした事例。NPO法人による桑栽培の事例など、おいでん・さんそんセンターのコーディネートの下、様々な連携が行われている。
 また、「いなか暮らし総合窓口」はいわゆる移住支援。空き家を内覧する「暮らしの参観日」や田舎暮らしガイドブックの出版、また「空き家にあかりを! プロジェクト」と題して空き家片付け大作戦を実施したり、「とよたいなか暮らし博覧会」などのイベントも実施している。この結果、年間20世帯を超える方が移住を実現しているという。ちなみに地区別の移住者グラフの中に「スマイルしようかい」という項目があったが、実はこれ、私が足助町役場で仕事をしていた時に創設した制度。詳細は「三河山間地域の定住施策―愛知県交流居住センターの活動」で説明しているが、大きな成果を挙げているという結果を見ると、やはりうれしい。
 今年度から事務局を務めることとなった「豊森なりわい塾」は、トヨタ自動車(株)の企業CSRによる人材育成事業として今年で第9期目の開催となる。塾生を募集し、山村をフィールドに、森林や食と農、まつりや暮らしなど、フィールドワークとディスカッション等の講座を1年を通して実施するもので、修了生の中には毎週、間伐ボランティアに通う者、移住して農的暮らしを実践した者、福祉施設を開所した者、さらには地域おこし協力隊として長野県へ向かった者などがいる。
 また、移住者の中にはスモールビジネスを起業した者もいる。猟師をしつつ、古民家を改修して、ジビエレストラン「山里カフェmui」をオープンした女性。名古屋コーチン有機野菜の販売をする「てくてく農園」。Iターン女子グループによる菓子工房「すぎん工房」。また、廃校を利用して様々な事業に取り組む「つくラッセル」など、最近の豊田の山村地域における元気な取組も紹介いただいた。すべてが成功するわけもないが、十に一つでも残っていけばいいと語っていた。
 センターには鈴木さんの他に7名のスタッフがいる。とは言っても、ほとんどは非常勤スタッフのようだ。年間予算は約5000万円で95%は市からの委託だが、これからは自主事業をもっと増やしていきたいと言っていた。確かに山村地域は豊田市と合併して、豊潤な予算がつくようになった。私が足助町で定住促進に取り組んでいた時は、チラシなどもほとんど自作で、農山村体験も地域の方と連携し、ほとんど手弁当で実施していた。それに比べると、パンフレットなどもはるかにきれいで説得力がある。
 しかし予算もさることながら、鈴木さんが旭地区在住で自ら農山村の暮らしを実践していることに加え、市役所時代に産業振興を長く担当してきたこともこの成果につながっている。予想以上に移住や企業等との連携が進んでいることに驚いた。質疑応答の際に「移住者への土地等の譲渡に当たって、農地や林地が障害にならないか」と訊いたが、「農地については農地法の規制があるが、林地については薪取りの場にもなることから特に障害となることはない」との答え。なるほどそうなのか。10数年前と比較して森林作業への理解が進んでいるのかもしれない。終了後、名刺交換をした際に「移住施策については、足助町時代の取組がベースになっている」と言っていただき、うれしかった。
f:id:Toshi-shi:20190413155933j:plain
 小1時間の説明が終わり、支所から足助の町並み地区に向かっていく。ちょうど支所前の広場に花車が止まり、多くの氏子で賑わっていた。巴橋を渡り、西町の筋を東に向かうと、2004年に整備された「塩の道ずれ家」の前を通って、足助商工会から中橋を渡って新町に入っていく。各家が紺と白の祭りの幔幕で覆われ、軒下には提灯もさがり風情がある。マンリン書店はきれいに改修したようだ。その横のマンリン小路を上がっていくと、次の目的地、「寿ゞ家」に着いた。
f:id:Toshi-shi:20190413165808j:plain
マンリン小路
 迎えてくれたのは所有者の天野博之さん。入り口に「地域人文化学研究所」というパンフレットが置いてある。天野さんが設立した市民団体だ。まず2階の大広間に上がる。正面ステージのバックには壁一面、富士山の絵が描かれている。それにしても畳がベコベコして、相当に古い。最初に天野さんから「寿ゞ家」の来歴等について話を伺う。まず口頭一番「足助の重要伝統的建造物群保存地区選定の活動は私が始めました」と言われた。少しびっくり。天野さんは豊田市文化財課に勤める市職員。市町村合併がされた当時、市役所内で都市整備部局の担当者が足助での環境整備について話しているのを聞き、それでは古い建物がすっかり価値のないものになってしまうのではないかと危惧したことが始まり。それで、重伝建地区の指定はできないだろうかと、足助の町に入っていった。足助はかつて、昭和50年代に一度、伝建地区の選定に向けて動いた時期があったが、商売に差し付けるということで断念した過去がある。しかし町に入ってみると、みんなそんな過去のことなどすっかり忘れていた。それで2011年、愛知県で初めての重要伝統的建造物群保存地区に選定された。
f:id:Toshi-shi:20190413160710j:plain
寿ゞ家
 「寿ゞ家」は江戸時代から続く旅籠「鈴屋」だったが、4代目の宇太郎さんの代に料亭に転じ、その後は「寿ゞ家」と号しているとのこと。大広間の広さは30畳。地下で調理等を行い、1階には雰囲気のある座敷や洋室が並び、2階は大広間という造り。大正13年頃の建築と言われたと思う。南側には2階建ての新館があって、ここも和室が数部屋並んでいる。当初は前の所有者から借りていたが、その後購入してくれという話になり、思い切って天野さんが購入したとのこと。現在は使用料をもらって各部屋を貸している。実際に大広間から花火大会を見たり、月見会や足助おどりの練習などで利用されている。また、3月3日には豊田市のご当地アイドルSTART☆Tのコンサートがあり、大広間に100人もの人が詰めかけたとのこと。よく潰れなかったものだ。
f:id:Toshi-shi:20190413160917j:plain
大広間のステージ
 しかし実はトイレや水道がない。そこで本館の北側に増築されたRC造部分を撤去し、水道を敷設してトイレを整備するため、昨年8月からクラウド・ファウンディングを開始。無事、目標の500万円を集めることができた。自費と補助金も利用して2100万円の予算でこれから整備工事を取り掛かるとのこと。その後、本館1階や南館も見学したが、改修のための家財の移動もあり、特に南館はしっかり見ることができなかった。「寿ゞ家再生プロジェクト」のHPにしっかりと画像が並んでいるのでご覧ください。まだまだ天野さんの活動は始まったばかり。とよた世間遺産の認定など、足助地区に限らず、地域づくりの支援活動も多様に展開している様子。これからますますの活躍を期待したい。
f:id:Toshi-shi:20190413160643j:plain
マンリン小路を上から
 「寿ゞ家」を出て、面する地蔵小路を下っていくと足助の街道筋の町並みに出る。正面には大規模な商家「旧紙屋鈴木家」が改修工事中。全部で17棟もの建物で成る大豪邸で、私が初めて足助町を訪れた30年近く前には、不在所有者との交渉がうまく行っていないと町役場の方が嘆いておられた。時間はかかったが無事、市による買収ができて改修工事に進むことができたようだ。完成したらぜひ内部を見学してみたい。
f:id:Toshi-shi:20190413164435j:plain
妻入り商家が並ぶ
 その後、田口家や太田家、足助中馬館、莨屋などの古い商家を見て回る。それから真弓橋を渡って新道に出て戻っていくと、正面から花車の列がやってきた。後ろにクルマの渋滞ができているのもお構いなし。帰りは足助橋を渡り、もう一度、旧街道を歩いて戻っていった。ほぼ10年振りに訪れるが、町並みはほとんど変わっていない。いや、私が働いていた17年前よりもきれいになっている。商工会前の広場では西町の花車が片付けを始めていた。最後に香嵐渓の入り口、赤い待月橋を渡って駐車場まで戻った。
f:id:Toshi-shi:20190413165113j:plain
花車
 久しぶりの足助は楽しかった。うれしかった。そしてさらに元気になっていた。私もその元気さを少しばかりお裾分けしてもらい、昔、毎日通った道路を懐かしく運転をして、帰途についた。

限界都市 あなたの街が蝕まれる☆

 日経新聞で2018年3月から連載されてきた「限界都市」シリーズを加筆修正して発行されたのが本書だ。日経といえば企業寄りのスタンスだと思うが、本書ではそんな企業の利益追求活動による弊害をあからさまに描き出す。それだけ都市における矛盾、問題が深刻になっているということだろうか。本書で描く都市の課題は、大きく3つ。タワーマンションの乱立、マンションの老朽化、そしてコンパクトシティの虚構性だ。
 タワーマンションがそもそもなぜ売れるのかが理解できないが、しょせん首都圏の話。正直実感は薄い。マンションの老朽化についても自明の話。もう20年近く前から指摘され続けてきたことだ。そしてコンパクトシティの虚構性。これについては、立地適正化計画が国交省補助金目当てで本気度のないまま全国で策定されてきたことや、コンパクトシティの優等生で知られる富山市ですら課題が山積していることなどが報告されている。これも専門家なら当然知っていたこと。
 こうした現状報告にはそれほど驚くこともないが、本書で一貫して問題提起するのは、「2000年の都市計画法の改正による市町村への権利移譲と規制緩和により、部分最適・全体不最適なまちづくりが進められている」ことだ。その指摘はある程度当たっているかもしれない。しかし、都市計画をより住民に近いところで行うことが間違っているわけではない。問題は部分適合にして全体最適な仕組みがないことだ。しかも、全体不適合な開発に対して規制緩和補助金等で支援する中央官庁がある。
 第2章の末尾に、東急電鉄社長や江東区長、そして学識者のインタビューが掲載されている。その中では、東洋大の野澤千絵教授の内容が的を射ている(下記の3番目の引用)。大阪では統廃合した小学校跡地にタワーマンションが建設され、再度、小学校を増設せざるを得なくなったというバカな事態も生じているという。人口は増えればいいという訳ではない。住みやすい環境づくりが自治体にとっての最大の責務のはずだ。
 第4章では「脱。限界都市の挑戦」と題して、ユーカリが丘、「ゆいま~る大曽根」、そしてライプツィヒフライブルクの事例が紹介されている。「ゆいま~る大曽根」については、先に見学したこともあるので、こうして全国的に紹介されていることには驚いたし、うれしく思った。それはさておき、これら4例の中ではライプツィヒの現状報告が興味深い。すなわち、既に空き家率は大幅に低下し、今やジェントリフィケーションを心配する状況になっているというのだ。まさに「『脱・限界都市』の歩みに終わりはない」。「人口が増えたからといって都市問題が解決するわけではなく、むしろ問題は複雑化する」(P216)という言葉も含蓄がある。本書で示しているのは、都市をコントロールする主体も理念もない日本の都市政策の現状ではないだろうか。

○「振り返れば、現在の都市問題が生じる起点となったのは1990年代後半からの地方分権規制緩和だ」。首都大学東京の饗庭伸教授は住宅中心の傾向に拍車がかかった背景をこう読み解く。/大きな転換点は2000年。都市計画の決定主体は市区町村になった。……饗庭教授は「地方分権で個々の市町村が好き勝手に動くようになったため、全体最適のまちづくりを進めにくくなった……」と指摘する。(P51)
○マンションの劣化を防ぐ大規模修繕工事のための積立金が悪質な設計コンサルティング会社に狙われている。工事会社に談合まがいの行為を促し、割高で受注した業者からバックマージンを受け取る―。住民側に立つべき会社が水面下で管理組合の資産を食い物にしているのだ。……悪質コンサルの横行はマンションの資産価値を低下させ、都市そのものの「老い」を加速させかねない。(P94)
○ニューヨークの規制緩和は計画的で過剰な供給を抑えている。都内も住宅ばかりの開発なら元の容積率のままでいい。自治体が近隣学校の受け入れ能力を算出し、余力があれば高層住宅の建設を認めるといった制御も必要だ。単純に住民増に応じて学校を増やせばいいわけではない。いずれ子どもは減り、費用をかけて統廃合せざるを得なくなる。……行政は住宅拡大ではなく「住みやすい環境」の創出に力を注いでほしい。そうすれば都市の持続的な更新は可能だ。(P132)
○空き家を壊さずに残しつつ、所有者の維持管理費の負担を軽くする必要はないだろうか。こうした問題意識から2004年に生まれたのが「ハウスハルテン」と呼ばれる空き家の所有者と利用者をつなぐ民間団体である。/ユニークなのは空き家の利用者が水道光熱費のみを払い、家賃はタダで使えるようにした点だ。内装のリノベーションの原則、利用者の自由……所有者は家賃収入が見込めないものの、当面使い道のない物件の「家守」を利用者に託せるメリットがある。(P211)
○人口増に伴う住宅需要の高まりを反映し、20%を超えていた市内の空き家率は5%近くまで低下した。……人口流入で街が活性化し、不動産不況も回復したライプツィヒだが、華麗な復活劇の陰で副作用も表れ始めている。「ジェントリフィケーション」への懸念だ。……「人口が増えたからといって都市問題が解決するわけではなく、むしろ問題は複雑化する」。日本の家の大谷氏の実感だ。ライプツィヒの経験は「脱・限界都市」の歩みに終わりはないことを教えてくれる。(P216)