石見銀山・大森の町並み

 山陰旅行で訪れた古い町並み歩き。倉吉の報告をしてからだいぶ時間が過ぎてしまった。公私にゴタゴタが続いているが、気分転換のためにも次の石見銀山・大森の町並みを報告しておこう。
 石見銀山へは4月29日の午後に到着した。前日、倉吉から境港へ行って新鮮な魚介料理を堪能し、この日は足立美術館松江城と堀端で出雲そばを食べてから石見銀山に入った。宿にクルマを止めるとすぐに石見銀山・龍源寺間歩まで歩いた。自然の中を歩く往復4.5kmの散策は気持ちがいい、と言いたいところだが、雨に降られ、散々な状況。だが途中にあった大森小学校の木造校舎は伸びやかで気持ちがよかった。

f:id:Toshi-shi:20190429152330j:plain
大森小学校
 宿の正面に国史跡「渡辺家住宅」があり、夕食・朝食ともに渡辺家住宅の土間を通って奥にある「せせらぎ茶房まぶのや」で食事をした。30日は朝から大森の町並みを散策する。土産物屋などが開くのは10時・11時過ぎのようで、9時にはまだ町並みを歩く人も少なく、その佇まいを堪能した。赤いポスト。通りに面して緑の表出が気持ちいい。家屋の多くは平入りで、通りに面してガラス障子の家も多いが、昔は格子窓だったのだろう。低い30㎝ばかりの縁が出ているのもかわいい。友人に勧められたカフェ・ギャラリー・ショップの群言堂もまだ準備中だった。
f:id:Toshi-shi:20190430074229j:plain
渡辺家住宅
f:id:Toshi-shi:20190430091729j:plain
町並みと緑の表出
f:id:Toshi-shi:20190430102724j:plain
群言堂
 しばらく行くと、きれいに復元された武家屋敷「宗岡家住宅」がある。2018年に改修オープンしたばかりというのでまだ新しい。欄間の意匠が繊細で見事だった。栄泉寺を過ぎてしばらく行くと、「株式会社アットゴー 石見銀山サテライト」という看板が懸かった民家があった。「大田市インキュベーション施設」とも書かれている。リノベーションして利用しているのかな。
f:id:Toshi-shi:20190430092109j:plain
宗岡家住宅
f:id:Toshi-shi:20190430092200j:plain
宗岡家住宅の欄間
f:id:Toshi-shi:20190430092554j:plain
大田市インキュベーション施設
 左手には工夫も食べていたという堅いせんべい「げたのは」を売る有馬光栄堂。うだつに「洋菓子の有馬」と書かれているのは、一時、洋菓子も売っていたのか。しばらく歩くと、武家屋敷「旧河島家」に出る。正面には五月人形が飾られていた。大田市町並み小閏センターは「旧大森区裁判所」。こんな山間に裁判所があったということもすごいが、明治23年に建築された擬洋風な建物で、真っ白く塗られた壁は威厳がある。
f:id:Toshi-shi:20190430103408j:plain
有馬光栄堂
f:id:Toshi-shi:20190430093457j:plain
大森区裁判所
 その先にこんもり盛り上がっているのは観世音寺。ここに登ると前後に連なる大森の町並みが一望できる。緑豊かな自然の中に、オレンジ色の瓦、白い壁、黒い格子。ベージュ色の土壁もやさしい。さらに街道に沿って進む。ドイツパンのお店もある。左手に「理容館アラタ」。正面脇に「理容遺産認定第1号」の石碑が設置されている。内部も大きな鏡に向かって昔ながらの椅子がデンと鎮座。盛時の面影がしのばれる。
f:id:Toshi-shi:20190430093716j:plain
観世音寺からの景観
f:id:Toshi-shi:20190430094606j:plain
理容館アラタ
 また向かいには民家を再生した「山陰合同銀行 大森代理店」。左手には「旧大森郵便局舎」を改修した「オペラハウス大森座」。そして白壁とうだつの町並みが続く。右手のしっくい壁が続く大きな屋敷が重要文化財「熊谷家住宅」。石見銀山御料で最も有力な商家というだけあって、内部も広い。欄間の透かし彫りもきれい。居間の床下には石組みの地下蔵もある。
f:id:Toshi-shi:20190430094735j:plain
山陰合同銀行 大森代理店
f:id:Toshi-shi:20190430094936j:plain
オペラハウス大森座
f:id:Toshi-shi:20190430094907j:plain
熊谷家住宅(右側)
 そして通りもいよいよ終わり。石見銀山資料館は「大森代官所跡」だが、現存するのは角長屋(1815年築)のみ。資料館本館は「旧邇摩郡役所」で1902年建築というから十分古い。帰りは宿に置いたクルマを取りに、代官所前ひろばを通って、旧河島家住宅横の路地を抜けて、来た道を戻った。大森の町はそれほど観光化されることもなく、昔の風情を残して、生きている。一時の世界遺産ブームは去ったとも聞くが、この落ち着いた佇まいはいつまでも残っていってほしい。心癒される町である。
f:id:Toshi-shi:20190430102008j:plain
石見銀山資料館(大森代官所跡)

家の文化学

 「家」という言葉から当然のように家屋としての「家」だと思って読み始めたが、そればかりではなくて「イエ」制度のことでもある。本書に寄稿している執筆者は、アメリカ文学、日本古典文学、古筆学、古典芸能、日本近世文学、民俗学、女性論、社会学、そして建築学と実に多様な専門家が揃っている。
 住居の形式と社会制度の関係を論じたり、リカちゃんハウスに見る住空間からジェンダー論を論じたり、原節子が出演した映画に映し出される住宅の変遷を論じたりと、内容も多岐にわたり面白い。また、「家」を飛び出た女性という視点から、「旅する女たち」とか、代々歌の家として続いてきた冷泉家や、能書の家としてあった世尊寺家に関する論考などもある。
 しかし本書を通して問題意識として通貫しているのが、女性とイエ制度との関係だ。これを読むと、常に女性は「家」から逃れようとし、同時に「家」と一体化しようとしているように見える。そして女性が変われば当然、男性と「家」との関係も変化する。いや、家族そのものが変化する。先日は「ひとり空間の都市論」を読んだが、それと比較しつつ、人間にとって家族や「家」とは何かを考えてしまう。人は「家」から逃れようとしつつ、「家」に逃げ込まなくては生きていけないのかもしれない。
 ところで、「女性詩人の書斎」では、江戸時代に多くの女流漢詩人がいたことが紹介されている。寝殿造が消えるとともに女流作家が消え、書斎を得て、女流漢詩人が現れる。やはり建物と社会の関係は深いと言わざるを得ない。

家の文化学

家の文化学

○【今関敏子】住居の構造と社会制度は相関する。……位の低い者が高い者を訪ねる社会組織では、寝殿造という住居もまた、そのように造られていた。/このような寝殿造から書院造への変遷の背景には、王朝期から南北朝動乱を経て室町期へという社会制度の激変がある。とりわけ婚姻形態の変化を看過できない。……寝殿造は、男を招く「女の空間」であった。(P64)……寝殿造と「待つ女」が消えると同時に、「書く女」も消えた。南北朝を境に日本の制度と文化は大きく変わったと論じる網野善彦の見解は、文学史と軌を一にする。(P80)
○【若山滋】住まいは女性と一体である。……近代日本の「家」の変遷は、日本の男性にとっての「女性像」の変遷でもあったのだ。……現実の空間(建築)が虚構の空間(文学)を生み出すだけではなく、虚構の空間が現実の空間を生み出す……われわれは、その虚実が表裏になった精神的空間の中に息づいているのだ。(P222)
○CIE民間情報教育局<の>……彼らはアメリカで実現できなかった理想を掲げて各分野で日本の復興に尽力したのである。……彼らの信念は「清潔で健康的な生活こそ社会の豊かさと幸福を培う」という理想に基づいていた。だがアメリカの共産主義への脅威が増大すると、彼らは早々に戦後改革の表舞台から姿を消す。その結果、女性解放の旗印であった「台所改善」は家事労働の軽減ではなく、逆に女性の家庭回帰を促す大義へ変容してゆくことになる。(P237)
○いざという危機時にあるいは己のルーツを模索、確認するときに、イエ、ムラといった心の中の家郷に立ち戻る人びとも少なくない。……先祖、子孫へとタテに繋がる累代の時間、記憶も私たちを根底において支えている。……人々はその時代時代においてそれを「家族」と呼ぶのかも知れない。言い方を変えれば、状況変われど「家族」は時代時代に応じて社会文化的に更新され再構築されてゆくものとも言える。(P282)
○個人も家も共同体も、閉鎖系になれば滅亡するのは自明の理である。……共同体も個々人も、存続するためには自然の摂理に対して開いていなければならない。文明は大自然の叡智を受けてこそ栄え、それを無視すれば滅びて来た。……現在日本もアメリカも個人や家の大変動期を経過中である。各々の個人が開かれた十全な「個」でありえる、新しい形の「家」と共同体を、それぞれの風土に合わせて探求することがいよいよ必要な時代に、世界は既に入っている。(P353)

ひとり空間の都市論

 「都市」を「ひとり空間」という視点から見る・考察する、というのは面白い視点だ。筆者は都市・建築論を専門とする社会学者。建築職の立場からすると、都市にしろ、住宅や商業施設などの建物にしろ、既に「ひとり空間」という視点からの様々な取組や考察がされてきているように思う。本書でも紹介されている「中銀カプセルタワービル」や黒沢隆の「個室郡住居」など。確か岐阜県営北方住宅にも各個室が共用廊下側に開いている住棟があったはずだが、多くの建築家がこれまでも住宅と個人の関係について考察し、また実践してきた。
 また、住宅機能の外部化、いや家事機能の外部化と言ってもいいと思うが、従来、家庭内で担われてきた機能の外部化は、保育にしろ、食事にしろ、ほとんど当たり前になりつつある。だから本書に期待するのは、やはりモバイル・メディアとの関係だ。モバイル・メディアを用いることで、物理的にどんな空間にいても、それを無力化して、情報空間に移動できる。という実態は、外食先でスマホを見ながら食事をしている家族や若者をよく見かけることでもわかる。
 そもそも人間は一人で生まれ、一人で死ぬ。自分の口から摂った食事は自分の栄養にしかならないし、知識や頭脳も共有はできない。これまではっきりとは可視化されてこなかった人間の「ひとり」性が、さまざまなメディアとそれを利用した空間(物理的・情報的)によって、激しく揺す振られていることは理解できる。問題はそうした状況にいかに対処すべきか、だ。
 本書では、人間の「ひとり」性について、建築や都市がどのように対応してきたか、メディアや商業サイドがどのように利用しようとしているかが描かれている。だが、人間として重要なのは、「ひとり」性をいかに確保していくかということだろう。その意味でも、終章末尾に書かれているように「仕切りの多様性をいかに担保できるか」(P243)が重要だ。人間は究極的には常に必ず「ひとり」だが、ひとりでは生きていけない存在でもある。そこで提起されるのは、「人間としての尊厳」をいかに確保していくかということではないか。「ひとり空間をどう扱うか」というのは都市論となりうるが、「ひとり空間とは何か」というのは哲学でしかないのだろうか。筆者には社会学者としてそこまで深掘りしてほしかった。

○方丈庵があったとされる場所から現在のJR京都駅までの距離は、約10㎞ほどである。長明は、徒歩で行き来が可能な場所に「ひとりの住まい」を構え、社会との距離をはかりながら、当時の出来事を観察し、『方丈記』を執筆していたことがわかる。/つまり、方丈庵には、都市における「ひとりの住まい」が抱えるモビリティ、多機能性、メディアを介した遠隔でのコミュニケーション、自分の姿を隠したまま周囲を見る快楽、といった諸要素の原形が宿っていたのである。(P080)
○「ひとり空間」は、インターネットや携帯電話などのメディアを介した「見えない仕切り」によって、物理空間と「情報空間」を横断しながら息づいているからである。……情報空間が物理空間と独立していることは、それが物理空間とは異なる秩序をもっているということである。……認識しておくべきことは、都市空間における経験は、物理空間と情報空間が重層化しながら形づくられているということである。(P068)
○従来は家、職場、余暇など別々の空間で行われていた、さまざまな活動の領域が重なり合い、カフェ、駅、空港、モール、広場などの「中間空間」を形成するようになった。……それゆえ、モバイル・メディアが物理的な都市空間に組み込まれることによって……他者との精神的な距離、ウチとソトとの境界意識、身体経験などを含めた、既存の空間の諸要素が再編成されている……。新たなメディアが台頭することによって、都市の「ひとり空間」は再編成されていくのである。(P189)
○「ひとり空間」は、他者との関係においてしか生じえない。そこでは、他者との「距離」をどのようにとるかが、つねに問題となる。……ひとりでいる状態を喪失するのでも、他者との関係を分断するのでもない、ゆるやかな仕切りの多様性をいかに担保できるかが、今後ますます問われることになろう。(P243)