建築士制度の矛盾

 新年早々、建築士のあり方について議論をしてしまった。
 昨今、ゼネコンでは建築系学科を卒業した社員に、一級建築士よりも一級建築施工管理技士を取得するよう勧めることが多い。一定規模以上の工事現場には監理技術者を配置する必要があるが、監理技術者の資格取得には一級建築士又は一級建築施工管理技士であることなどが条件となっている。では、一級建築士になると何ができるかと言えば設計業務であり、設計部門のある建設会社では当然、一級建築士の資格は有用だが、施工専門の建設会社では一級建築施工管理技士を持っていれば足りる。そこで上記のような状況となる
 こうした中、建築士会の役員の方から、「一定の大規模な建築工事については、一級建築士の資格のある監理技術者を配置すべきではないか」という意見があった。その方が理由に挙げたのは、(1)施工者からのVE提案にあたり、施工に特化しない建築士の役割が重要、(2)工事監理(建築士の専管業務)にあたり、工事の品質管理は実質的に施工者が担っている実態から工事監理者と施工者の建築士が二重で検証をする意義が大きい、の2点だが、これは工事監理において建築士が実質、その役割を十分担っていないことの裏返しのような気がする。
 ただ、この方がこうしたことを提案する意味はよくわかる。「一級建築士は足の裏の米粒。取らないと気持ち悪いが、取っても食えない」とは昔からよく言われるが、それでも以前は、設計事務所に勤務する者はもちろんのこと、公務員や建設会社の社員なども一級建築士の資格取得を目指した。しかし、姉歯事件があって建築士法が改正されて以降は受験資格の審査が厳格化され、設計業務に特化した資格になっている。
 一方で、既に一級建築士の資格を持っている公務員や建設会社の幹部などは、一級建築士は建築関係のオールマイティな最上位の資格だという意識があり、また一般的にも、一級建築士は一級建築施工管理技士などよりも高度な資格だというブランドイメージがある。建築士会では、一般の建築士の上位資格として、専攻建築士の制度を創設しているが、団体による認定・登録資格であって、国家資格とはなっていない。また、建築設計の中の特定の分野の専門的知識等を有する建築士として、構造設計一級建築士と設備設計一級建築士がある。こちらは国家資格となっている。
 要するに、建築士は制度的には姉歯事件以降の建築士法改正により、設計業務により特化した資格になっているが、それ以前に建築士資格を取得した者や社会一般にとっては、以前のブランドイメージが抜け切らず、混乱しているということか。設計業務を行う建築士は定期講習の受講が義務付けられているが、日常的に説教業務を行わない公務員などは定期講習を受講していないことが多い。そこで、こうした建築士は定期講習未受講建築士としてきちんと差別することで、建築士のブランドイメージを変えていく必要があるのかもしれない。
 建築士が設計業務に特化した資格だとして、その場合に問題になるのが、建築基準適合判定資格である。一級建築士が設計したものを審査するという業務のためか、現在、この資格は一級建築士の資格を持っていることが条件となっている。そして建築士の資格取得のためには製図試験に合格することが必須である(それもなぜかいまだに手書き)。建築基準適合判定の業務は他人が書いた図面を読み取り審査するので、自ら図面を書く必要は全くないが、その試験に合格しなければ受験資格も得られないというので苦労している公務員や民間建築確認機関の職員は多い。
 ここはやはり、建築基準適合判定士という資格を建築士資格とは別のものとして設置すべきだろう。設計業務を行う「設計建築士(・構造設計建築士、設備設計建築士)」、審査業務を行う「建築基準適合判定士」、施工管理を行う「建築施工管理技士」と資格を明確に分けることで見通しがだいぶよくなる(この際、建築士も名称を「設計建築士」に変更すべき)。
 それでは従来の、設計業務を行っていない建築士はどうするのか。これは試験などやめて、建築学科を卒業したものは全員、「建築士」にしてしまえばいいと思うのだが、さすがそれは暴論だろうか。建築士とは建築学士(修士・博士)の略だと思えば違和感はないと思うのだが、どうだろう。

老いる家 崩れる街

 人口減少に伴い、住宅や住宅地が余ってくる、空地や空き家が多く発生してくるということは、社会的に、そして住宅施策においても最重要な課題となっている。しかし本書はこの問題を都市計画の課題として考察し、方策を考えようとするものである。「はじめに」で以下のように記述されている。

○住宅過剰社会だからといって、新築住宅をつくること、購入すること自体が悪いわけではありません。・・・問題なのは、新築住宅が、居住地としての基盤が十分に整っていないような区域でも、いまだに野放図につくられ続けられ、居住地の拡大が止まらないことです。(P9)

 以下、各地域における住宅供給の実態と問題について記述される。最初は東京湾岸エリアにおける超高層マンションの乱立とそれを助長する再開発等促進区等による規制緩和について。続いて、都市計画法第34条第11項に基づく条例によって引き起こされた市街化調整区域での戸建て住宅の乱立。さらにそれがサブリース会社に利用されて調整区域に入居者の少ない賃貸アパートが建設された「羽生ショック」。
 第2章では、空き家問題や限界マンション、さらにインフラの老朽化について。そして第3章「住宅の立地を誘導できない都市計画・住宅政策」では、災害の恐れがある区域の立地規制が十分行われていないことや市町村間の人口奪い合い競争により、特に非線引き地域で住宅の乱立がみられること、さらに、長期優良住宅やサ高住などの住宅施策に立地規定がないため、災害の恐れがある区域や不便な土地に建設されていることなどが指摘される。
 これらへの対応として、第4章では7つの方策が語られるが、これらに特に依存はない。それ以上に興味を惹いたのは、立地適正化計画制度の活用だ。この法律が施行されて2年余りが経過した。現状は国の補助制度に引き摺られる形で、全国的に、形ばかりの計画策定に向けた検討が進められていると思うが、居住誘導区域外の届出制度をいかに運用するかがこの制度の肝だということを認識した。
 人口減少、住宅の過剰供給、空き家の増加、住宅や都市インフラの老朽化など、今後予想される課題は枚挙に暇がないほどだ。しかしこれらに適切に対応するにはもう既にかなり時機を失した感がある。筆者には失礼だが、都市計画が数十年先を見通した都市像を描くことができない状況では、旧来の都市計画制度はもう大して役に立たないのかもしれない。次善の策を考える時期に来ているような気がする。

○人口増加を目標に掲げて、本来、市街化を抑制すべき区域である市街化調整区域の農地エリアで都市計画の規制緩和を行っても、市内や圏域で人口を奪い合っていただけで、転入者の増加をもたらす効果は限定的だった・・・それにもかかわらず、農地をつぶして、無秩序に宅地化しながら、低密にまちが広がり続け・・・行政サービスの効率の悪化や行政コストの増加といった悪循環を引き起こす状況は、まさに「焼畑的都市計画」であると言えます。(P77)
○今後、居住者も住宅そのものも老いが深刻化してゆくにもかかわらず、老いた住宅を引き継ぐ人口自体が減っていくことから、空き家の解体・除却への税金投入など、社会的コストが膨らみ続けることが懸念されます。/そのため、住宅の終末期、つまり解体・除却費用を確実に捻出できる新たな仕組みを早急に考えていかなければなりませんが、その必要性は認識されているものの、残念ながら、具体的な動きにまでは至っていないのが現状なのです。(P119)
○これまで、長期優良住宅のサ高住も、建てられる立地は関係なく、要件を満たせば、一律的に手厚い公的支援が受けられる仕組みとなっていました。/しかし、災害の危険性が想定される立地や、自家用車に頼らないと暮らせないような立地に新築される長期優良住宅やサ高住については、少なくとも、税制上の優遇措置や建設費の助成を行わないようにするなど、立地によるメリハリをつけるべきなのです。(P183)
○立地適正化計画では、居住誘導区域外で一定規模以上の新たな住宅を建てる、つまり、デベロッパーなどによる新たな宅地開発に対して、事前届出が必要になるということなのです。もし、届け出された計画内容が、立地適正化計画に照らして好ましい行為ではない場合には、市町村から是正等の勧告が行われることになります。・・・このように、立地適正化計画制度は、新たな宅地開発を禁止するという規制的な手法ではなく、事前届出・勧告という仕組みを導入することで、長い時間をかけて、居住誘導区域に新築住宅の立地を誘導することを目指した制度となっています。(P192)

集合住宅

 副題は「20世紀のユートピア」。「まえがき」の副題に「集合住宅にユートピアを求めて」と付いている。単に世界の集合住宅を紹介するのではなく、集合住宅がいかに人々のユートピアを求める活動の一環として実現されてきたかを、ドイツ、オーストリア、オランダ、フランスを巡って考察する。そして最後に東京に戻ってくる。
 いや、出発点は「軍艦島」だ。日本で最初の鉄筋コンクリート造による高層集合住宅群。だがそれはユートピアを目指すというより、無計画なまま機能のみを追及した結果の産物だ。それでも2015年には世界遺産に指定された。いまや廃墟ゆえに世界遺産に指定された。章の副題は、「ユートピアディストピア」だ。
 第2章の「ノイエ・フランクフルト」では、ワイマール共和国時代からナチスまでの間、エルンスト・マイやリホツキーによってフランクフルトで建設されたジードルンク(集合住宅団地)を訪ねる。1929年に第2回近代建築国際会議(CIAM)が「生活最小限の住居」を議題にフランクフルトで開催される。それはまさにCIAMモダニズムによるユートピア実現にかける決意だった。イギリスのアーツ・アンド・クラフツやフランスのアール・ヌーボーに対抗してドイツで提唱された「規格化」がバウハウスに継承され、モダンデザインの規範となったという指摘も興味深い。
 第3章では、オーストリアの第一次世界大戦終結からオーストロ・ファシズムが始まる1934年の間の「赤いウィーン」時代に建設された労働者のための集合住宅を巡る。ウィーンのリンクシュトラーセのさらに外側、拡大したウィーンを一周する道路の一角に、オーットー・ワーグナーの薫陶を受けた建築家等によって、労働者のための集合住宅が建設され、「プロレタリアートのためのリンクシュトラーセ」と呼ばれた。1kmを超えるスーパーブロックに建設された巨大建築は「労働者の要塞」とも、「人民住宅宮殿」とも呼ばれたが、テラコッタやカラフルなモザイクタイルで飾られた外観や中庭などは、今でも訪問者を楽しませている。
 続いて第4章では「アムステルダム」を訪れる。オランダの集合住宅と言えば、奇抜なデザインの現代建築が多く建てられているというイメージだが、筆者が訪れる「アムステルダム南」団地もまた、アムステルダム派独特の人間味溢れる図象や造形が見られ、かなり楽しい。この「アムステルダム南」団地には一時、アンネ・フランク一家が暮らし、アンネの像や日記を購入した文具店も現存しているという。
 ヨーロッパの集合住宅訪問の最後は、第5章「『お値打ち住宅協会』のパリ」だ。エベネザー・ハワードが「明日の田園都市」を発表する50年も前から、フランスでは都市居住を前提とした低家賃の労働者向け集合住宅が建設されていた。「お値打ち住宅協会」とでも訳せるHBMはこうした活動を展開し、HBM様式とも言える独特の住宅団地様式を作っていった。現在でも移民が多く暮らす団地として利用されている。
 そして最後に東京に戻ってくる。ここで取り上げるのはやはり同潤会アパートである。しかしその前に、第2回近代建築国際会議(CIAM)にオブザーバー参加した山田守や、入れ替わりにドイツにやってきた蔵田周忠がノイエ・フランクフルトをいかに日本に紹介したかが綴られる。同潤会アパートについては、基本的に中産階級向けの住宅であり、筆者が規定する労働者向け集合住宅としてはごく一部を除いて対象としていない。しかし、どの同潤会アパートにしろ、施工やメンテナンス状況はとてもヨーロッパの各住宅と比肩できる状態ではなかったようだ。
 「エピローグ」では、ユートピアとして建設された田園都市レッチワース、フランスの企業ゴダンが従業員のために建設した集合住宅団地「ファミリステール」、2008年に世界遺産登録された「ベルリンの近代集合住宅群」(プルーノ・タウトやヴァルター・グロピウスらが設計)が紹介され、1935年に日本でプルーノ・タウトが講演を行ったが、ヨーロッパが目指した集合住宅の真意は、十分には日本に伝わらなかった。今、改めて、集合住宅が目指したものは何だったのかを日本で問う。それは格差社会の進行に対する建築界からの一つの示唆である。

集合住宅: 二〇世紀のユートピア (ちくま新書)

集合住宅: 二〇世紀のユートピア (ちくま新書)

○そこに出現した「コンクリートの集合住宅群」は建築家不在で構築され、立体重層構成によって、狭い島にできるだけ多くの労働者のための居住空間を確保するというモダニズムの建築観に通じる「即物的かつ機能的な要求」を「母」にして産み落とされた。・・・機能主義や合理主義の思考の産物であることを評価の基準に置くなら、「軍艦島」は世界で最も「見る価値」があることになるだろう・/しかし、現実は違う。
(P038)
産業革命後、英国がウィリアム・モリスに始まるアーツ・アンド・クラフツ運動で工業デザインの世界を牽引し、フランスは19世紀末のアール・ヌーボーの流行で・・・流行の源泉国の地位を回復した。/自国の工業製品の国際市場での地位が国家経済の存亡につながるとの意識を、ヨーロッパの各国の指導者は共有していた。・・・1914年にケルンで開催した最初の工作連盟展の総会で、ムテジウスは新たな概念「規格化」を提案した。・・・この「規格化」の発想は、デザインの殿堂とされる「バウハウス」に継承され、世界中のモダンデザインのひとつの規範となっていった。(P080)
○「シテ・ナポレオン」[1953年]で第一歩を踏み出したパリでは、郊外の「田園都市」を目指すのではなく、・・・都市の集合住宅を研究し、あるべき姿を見出す方向での活動が主流だった。・・・1870年代から、都市居住を前提とする低コストの集合住宅の模索が始まり、・・・やがて「HBM様式」とでも呼べる「ひとつのスタイル」ができあがっていった。(P165)
○「同潤会」はノスタルジーで懐かしむ対象にとどまらず、・・・「ユートピア」志向を語り継ぐ存在だと考えてきた。/それでも「同潤会アパート」の現実が保存に値したかとなると簡単に「イエス」とはいいがたい。/「同潤会江戸川アパート」(1934年)は・・・わたしが訪ねたとき、その6階の床は、基礎の不同沈下のため、まっすぐに立って歩けないほどうねり、傾斜してしまっていた。(P209)
○レッチワースにあって、この工場建築の存在感は圧倒的だ。「職住近接」に関して、「職」のひとつの強固な牙城がそこに存在している。・・・この経緯が興味深いのは、そこにあった企業で働くために労働者が集まって街ができたのではなく、こんな理想の「ユートピア」をつくりたいという夢想家ハワードがいて、住民はその呼びかけを信じて移住し、ハワードの理念に共感したスピレラ社が住民の能力を信じて工場を開いたところになる。「ユートピア」は共感者によって夢想を超えて実現したのである。(P224)
○ヨーロッパ各地で、「ユートピア」を目指した20世紀の集合住宅が見直されつつある状況は、いつの日か、集合住宅が「格差」拡大の歯止めにつながることへの期待を高まらせる。「ユートピア」を構想した時代の「夢の軌跡としての集合住宅」には、21世紀なればこそ、学ぶべき教訓が詰まっている。(P252)